アメリカ⇔日本 一時帰国

アメリカから日本一時帰国は T-Mobile の海外ローミングが最強過ぎた件。超オススメな理由を一挙にご紹介!

更新日:

T-Mobileの海外ローミングは最強。アメリカで携帯使うならT-Mobileが断然おすすめ!

こんにちは。@Techガールです。

今日は昨年末の日本一時帰国中に知った、アメリカの携帯電話「T-Mobile」の超オトクな海外ローミングサービスについて詳しくブログでご紹介したいと思います。

実は昨年、日本へ一時帰国する際、「日本滞在中はレンタルポケットWifiでも借りて、外でのネット接続を間に合わせることにするか〜」と思っていたのですが、一時帰国するちょっと前に、最近AT&TからT-Mobileに切り替えた友達から、こんな事を聞きました。

「T-Mobileだと、日本滞在中のテキスト、ネット接続(海外ローミング)は無料で使えるんだよ!電話は確か…ちょっとお金掛かったけど、LINEも普通にそのまま使えるから、電話はLINEでやってたよ〜。実は今回、T-Mobileのこのプランを知って、日本一時帰国の為に、思い切ってAT&TからT-Mobileにスイッチしたんだよ〜!」

↑この真相を詳しく調べるため、日本に一時帰国する前にT-Mobileのウェブサイトで、今現在自分の入っているプランを入念にチェックする事にしました。

結果として調べてみると、T-Mobileの「Simple Choice」というプランでは、日本にアメリカの携帯をそのまま持って行って使っても、日本国内でも Unlimited Text(無制限でテキストし放題), Unlimited Data(無制限でデータ通信),Talk $0.20/min(通話は1分20セント)で使えるということが分かりました。

なんてお得で太っ腹なプランでしょう!!
T-Mobile、マジでSugeeeeeeee!!(笑)

 

データ無制限でネット使い放題なんて、どの国の海外ローミングプランでも聞いた事ないですよぉおお。。。(感動の涙)

今日はこの超オトクなプランと、実際日本で使ってきた感想、使用後に実際にT-Mobileから請求された金額、この太っ腹プランがどんなに素晴らしかったかを、ブログでご紹介したいと思います。

それでは早速ですが行ってみましょー♪

SPONSORED LINK

アメリカの携帯なら T-Mobile がオススメ!日本一時帰国で使える!

私はもうかれこれT-Mobileを6年程使っていますが、全体的にとても良いプランだと思います。

特に、私が今使っている「Simple Choice Plan」というのは、以下の様なサービス内容となっております。

T-Mobile「Simple Choice Plan」について

金額をご紹介する前に、基本サービス内容をご紹介します。サービス内容は簡単にはなりますが、以下にまとめています。(T-Mobileより抜粋)

T-MobileのSimple choice plan
左側のサービス内容は、以下に↓日本語訳付きでまとめています。

  • No annual service contract & no data overages.(年間契約無し)
  • Unlimited data even after all your high-speed 4G LTE data is used, at reduced speeds.(データ無制限 ※ただし契約内容に沿った限度を超えると回線スピードが遅くなる。このプランは毎月無料で2Gの high-speed 4G LTE が利用可能)
  • Unlimited calls and text to and from any number, including mobile phones, in the U.S., Mexico, and Canada. PLUS use your monthly 4G LTE data in Mexico and Canada like in the U.S., at no extra charge.(アメリカ、メキシコ、カナダへの携帯電話、テキストが無制限。月ごとの4G LTE データ通信もアメリカはもちろん、メキシコ、カナダでも追加料金無しで使用可能)

で、気になる料金なのですが、一人での使用料は月額50ドル。
上のサービス内容も含んだものですが、あまり電話をしない人にとってはちょっと負担額が大きい額かもしれません。

T-Mobileの料金プラン(一人で使用する場合)

でも、回線を2つにすると、いきなり料金が結構下がります。

二人での使用で月額80ドル。
ここでいきなり一人辺り月40ドルになりました。(私が夫と入っているのはこのプランです)

T-Mobileの料金プラン(二人で使用する場合)

ここからが凄いのですが、これからどんだけ人を追加しても、追加料金は一人当り10ドルで、人数を増やせば増やす程オトクになっていきます。(まぁそんなに携帯が必要な人も居ないでしょうがw)

下の画像は、4人で使っても月額合計100ドル。一人当り毎月25ドルになります。Sugeeeee!!

T-Mobileの料金プラン(四人で使用する場合)

これを見る限りだと、このプランを最大限に利用できるのは、アメリカに移住して来た家族や、カップルさんなどが使うと、とってもお得なプランになるのではないでしょうか。

学生さんの場合は、誰かと一緒に使って携帯代を安く使うという手もあるかもしれません。料金はT-Mobileのウェブサイトでネットで携帯代金を支払えますが、携帯の番号ごとに料金を支払う事は出来ないので、二人で契約する場合はどちらかが二人分の支払いをして、もう片方が支払う人に後払い(もしくは先払い)するという形になってしまいそうです。

先日「はっちすたじお」さんの記事で、学生さんでも格安で使える「T-Mobileのプリベイド携帯」の記事を発見しましたので、学生さんで携帯をお得に利用したい方は、そちらの記事も参考までにどうぞ。

参考「アメリカで格安のおすすめプリペイドSIM携帯はどれ?実は超お得なプランを紹介。」ーはっちすたじおー

「はっちすたじお」とは、サンフランシスコ周辺に住む学生さんや、その土地の個性ある住人さん達が作る、ウェブマガジンです。最近ニューヨーク版も作られたようで、様々なライターさん達が生活に密着した面白い記事を書いていらっしゃいます。

 

参考上で説明したT-Mobileの詳しいプランの説明は、以下からもどうぞ。(英語です)
T-Mobile Cell Phone Plans

 

私の携帯選び失敗談。留学生時代の携帯選び

私はアメリカ留学生時代、アメリカの携帯の事を良く知らなかったせいもあって、値段の安さだけにひかれ、一時「Cricket(クリケット)」という携帯電話会社を使っていました。

この会社の便利な点は「No Contract」といって、2年使い続けるという契約をしなくて済むので、好きな時に解約できる点です。(今はT-Mobileも年間契約無しですが)※当時留学生だった私は、アメリカでは最低2年程は勉強を続けたいと思っていましたが、実際どれ程滞在できるのかが分からなかったため、携帯は「No Contract」のものを探しておりました。

2008年頃は、まだ殆どの携帯会社も「最低2年間は使って下さい」という2年契約の縛りがありました。また、どの携帯電話会社が良いとか全く分からなかったので、「最初はここでいっか〜」的なノリで使う事にしたので、Cricketを使い始めた後からが、かなり不便でした。

一番不便だった点は、アリゾナ州以外のエリアコードの番号だと、電話が掛けられなかったということ…。掛けることは可能でしたが、エリアコード以外の、例えばカリフォルニア州の番号に掛けると、追加料金を支払わなければならなかったのです。今では信じられませんよね。(汗)

当時学生だった私の友達の中には、他の州から編入して来ている人も何人か居たので、その友達に用事があっても電話が掛けられなかったので、その度に「Cricket、使えねぇええ!」って心の中で叫んでいましたよ。(笑)でもTextは無料だったので、エリアコード以外の友達とはTextだけで連絡を取る、という方法に使い方を絞っていました。

それでも月額40ドル程と、当時の何も知らない感覚からすると「安い」と思っていたので、約1年位はそのまま使っておりました。でも今考えると・・・T-Mobileの方が断然プランも良いし、値段も二人で2回線分使って月80ドルだし、今思えば「Cricket(クリケット)」の良さなんて、殆ど「無い」に等しいのでは?って思う程、使えないなーって思っています。(今はもっとサービスは改善されているかもしれませんが。)

T-Mobile の海外ローミングは最強で本当に「無料」だった

で、本題の海外での使用についてですが、T-Mobileのサイトにも以下の様にちゃんと謳ってありました。

T-mobileの海外での利用ピンクの文字だけ訳すると、「無制限のデータ通信サービスは、あなたの行く先々でも使えます。」とかになりますかね。。

で、早速気になる料金です。
T-Mobileの「Simple Choice Plan」を利用中の方が、海外で使用した場合の(今回は日本での使用)料金プランは以下になります。

T-Mobileの海外ローミングは本当に無料だった!※T-Mobileの「Simple Choice Plan」に入っている方の料金プランです。

やっぱりデータもテキストも無制限って書いてありますね!
ただ電話を掛ける場合が、1分20セントになります。

5分で$1です。
まあまあしますね。(汗)

しかし、データ通信&テキストが無料とか、こんな太っ腹なサービス、日本国内でも見た事ないですよーー!今はこれに匹敵するサービスとかあるんですかね??(もしありましたら情報をコメントで頂けると嬉しいです★^^)

用心深い私は、これを事前に調べて日本へ帰国しても、中々信じられず、「これホントなのかな?」と日本に到着してからも、すごく疑っておりました。

しかし、日本の羽田空港に到着して携帯が使える様になってから10分以内で、私の携帯は勝手にSoftbankの回線を拾って来る様になっておりました。

それから暫くして、T-Mobileからこういったテキスト↓が勝手に送られてきました。

T-mobileの海外ローミングは無料で超オトク!
先ほどご紹介した海外での利用プランと同じ事が書いてあります。データ無制限、テキスト無制限というのは、ここ日本においても同じ様にサービスが適用されます。

もうお気づきかと思いますが・・・、電波の部分は既に「SoftBank」の文字が!!日本滞在中は、ソフトバンクさんの回線を利用させてもらってるようでした。

T-Mobileの携帯を日本(もしくは他の国)で使う場合は、iPhoneの場合だと「Setting → Cellular」で「Data Roaming」をオンにすると、海外ローミングが使用可能となります。

「Data Roaming」がオフの状態だと、こんな感じ↓でメッセージが出て来ました。その後、上で書いた方法でローミングをオンにすると、問題無くソフトバンクの回線でネットや通話が可能になりました。

T-Mobileの海外ローミングの使い方▲「Data Roaming」がオフの状態だと、画面にこんなのが表示されます。「Additional fees may apply」と書いてあっても、「Simple Choice」プランだと追加料金は全く掛かりません。No Extra Chargeで使用可能です。(2015/12月の時点で)

T-Mobileの海外ローミングの使い方

データ回線速度は、アメリカで使える4G LTEよりはやっぱり遅いので、使い始めは「ちょっと遅いかな」と思っていましたが、普通にメールも取れるし、GoogleMapで地図は使えるし、2週間の日本滞在では何の問題も無く利用できました。(※ちなみにですが、電話利用中は3G、ネット利用時はLTEという表示になっていました。)

羽田空港(国際線、国内線)、東京都内、熊本市、阿蘇、福岡市内と色んな所に行きましたが、行く先々で問題無く使用できました。T-Mobile の携帯が日本の何処で使えるのかは、以下のリンクよりチェックすることができます。

参考Coverage for Japan

 

ただ当たり前ですが、Youtubeとかの動画コンテンツを見る場合はかなり遅いです。FacebookやInstagramも時間帯によっては遅く感じる事もありました。

でも別にそれでストレスになるほどヘビーユーザーでもないので、全くもって困る事はありませんでした。

回線を早くしたい人は、それ専用のサービスがあるようなので、別途お金を払ってアップグレードも出来る様でした。ただ、そこまでこだわりが無い人は、追加料金払わずとも普通に利用できます。

[ads2]

T-Mobile 海外ローミング使用後の請求書を公開

日本では、そのまま2週間もフツーに使い続けましたが・・請求された額は下に書いてある様な感じで、合計でいつもより約$22アップしただけです。(以下の画像は、私がアメリカに戻ってから自分の発信着信履歴を調べた結果の一部になります。)

T-Mobileのウェブサイトから自分の掛けた発信着信の履歴はチェックできるし、どの部分にお金が掛かったなどの明細がハッキリ分かりやすく記載されているので、料金も後から詳しくチェックできます。

T-Mobileの海外ローミングを使った後の請求額
通話した時間が1分になっている通話は、旦那君が電話に出てくれなくて留守電になるまでしつこく電話していたので、一回辺り$0.20チャージされておりました。(涙)嗚呼もったいない!

こういった時は、留守電になるギリギリまでRingを鳴らし続けて、そして切る。その繰り返しで追加料金無しで相手にプレッシャーを与える事にしましょう。

私の旦那君はLINEとかFacebookなどのSNSが大嫌いなので、LINEもお互い使う事が無かったので、仕方ないので用事があれば日本=アメリカでお互い電話を掛け合っておりました。

今回の一時帰国での追加料金は、その電話料金($0.20/min)だけでした。

 

お友達とLINEで電話が出来る人は、LINEの電話で十分間に合うと思います。なのでLINEの電話で済む方は、今回の私の様に追加料金は全く掛からないと思います。

私も日本の友達と連絡を取る時は、LINEを使っていましたが、電波の状態とかも何の問題も無く使えていましたよ。

ただ、日本国内でT-Mobileの携帯から日本の携帯に電話する時は、$0.20/min でちゃんと計上されておりました。(日本の番号に掛ける際は、番号の頭に 81 を付ける必要があります)

また、incoming call(日本にいる私の携帯に、アメリカから掛かってくる電話)も、この料金は適用されます。

簡単に図でまとめると、↓以下になります。

T-Mobileを日本で使った場合の図※私が分かっている範囲で書いた図ですので、実際にT-mobileのプランに加入する際は、店頭やウェブで詳しくチェックして下さいね。責任は持てませんので…。

T-Mobile 海外ローミングは140カ国で利用可能!

今回は日本への一時帰国だけにスポットを当ててご説明しましたが、何とこのプラン、日本以外でも他140カ国で同じ様に使えます。

カバーしている国は以下のリンクで確認できます。
Automatic coverage in 140+ countries and destinations.

アジアでの主要国をリストアップすると、
日本、韓国、台湾、タイ、中国、インドネシア、グアム、マカオ、インド、フィリピン、シンガポール、スリランカ、オーストラリア、香港など。

これらの国でも日本と同じ様に海外ローミングが使用可能です。

なんか…T-Mobileって最強じゃないですか。。

最初6年前に契約した頃は、ただ安いだけがウリの携帯会社かと思っていたんですけど、最近は本当に色々と魅力的なサービスをどんどん打ち出していっています。

 

例えば最近「すげーなーオイ!」って思ったサービスは、Netflex, HBO NOW, Hulu などのビデオストリーミングサービスを、自分のデータを使わずに利用できるという超太っ腹なサービス。要するに、4G LTE回線でUnlimited(無制限)でビデオストリーミングし放題ということになります!

サービス名は「Binge On™」という名前なのですが、ちょっと私なりに分かりやすい様に説明してみます。

例えば私はHuluでアメリカのテレビドラマを見ていますが、普通の携帯電話会社だったら、ストリーミングしたデータ容量が、毎月契約しているデータ容量(私の場合は2G)を超えた瞬間から、超えた分だけ追加料金が加算されます。(Wifi接続でストリーミングの場合は携帯会社のデータを使っていないので、その場合は加算されません。)

でもこのT-Mobileが打ち出している「Binge On™」というサービスでは、特定のビデオストリーミングサービスを利用時は、自分のデータ容量から引かれることはありません。つまり、4G LTE回線を使いながら、ビデオストリーミングし放題という事になります!
まぁなんて素晴らしいサービスなのでしょう!^^

ちなみにですが、T-Mobileの場合は毎月契約しているデータ容量を超えても追加料金が掛かる事はありません。(だからUnlimitedなのです。)でもその代わりに2Gの容量を使いきると、回線が遅くなります。(自分のデータを使い切ると、画面に警告が出てきます。あと、回線スピードは4G LTEからLTEになります。)ですので、気づかずにデータ容量を超えて使っていた場合でも、追加料金が全く掛からないのがT-Mobileの良い所でもあります。

でもいくら追加料金が無くても、ビデオ見てる途中にデータを使い切って、急にビデオストリーミングが遅くなるのは結構ストレスになりますよね?でもこのサービスなら、早い回線のままビデオストリーミングを無制限で楽しめます。

「Binge On™」を使用するのに追加料金なんて必要無いです。
「Simple Choice Plan」に最初っから付いてきます。

うーん。。やっぱT-Mobileは最強です。

サービス内容の詳細は T-Mobile「Binge On™」のサイトをどうぞ。どのビデオストリーミング会社が対応しているのか一覧があるので、気になる方はそこからチェックできます。

他の携帯会社との比較。でも T-Mobile が圧勝だよ♪

AT&T 海外ローミングの料金プラン

「International travel packages」という3つのプランがあり、一番安いプランの「Passport」でも「30日で$30」と料金は割高。しかもこれだけお金を払っても、$1/min の通話料が掛かる。T-Mobileの $0.20/min と比べると5倍の金額が掛かる事になります。

AT&Tの海外ローミングプラン

一番サービスが良いだろうと思われる「Passport Gold」も30日で何と$120!!しかもこれを利用しても・・・通話は $0.35/min も請求されます。

T-Mobileと比べると・・・もう高すぎて使えない。。。(涙)

Sprint 海外ローミング料金プラン

何故かサイトが工事中だったので、後日詳しく説明します。(でもT-Mobileのがお得でした)

実はあります…T-Mobile のデメリット

しかし・・・
ここまで褒めまくっていたT-Mobileちゃんですが、実はのデメリットの方も…ちょこっとあります。

それは、砂漠や山岳地帯などは電波が超悪いんです!(普段足を踏み入れるエリアではありませんが…)

昨年、車でアリゾナからサンディエゴまで旅行しましたが、その際、砂漠地帯を車で走っている時は、T-Mobileの携帯のアンテナはゼロに近く、通話がほぼ出来ない地区となっておりました。

走行中もナビを使っていたのですが、何故かナビゲーションだけは正常に最後までナビを行ってくれておりました。これは未だに謎なんですけどね。。。

でも何故か、電波が届いてない地域を走っている際は、サテライトディッシュのアイコンがずーーと付いていました。(普段は表示されない)このお陰で電波の届かない地域でもナビが正常だったのかもしれません。汗)

旦那君が仕事用で使っている会社からの携帯(AT&T)も一緒に持って行っていたのですが、AT&TはT-Mobileがカバー出来ないエリアもちゃんとカバーしていて、カバレッジの広さには驚いたものです。(だからあんな高いのか…)

 

大都市や都会でなくても、砂漠や山の中とかじゃない普通の所に住んでいれば、T-Mobileで電波が繋がらないという事はあまり無いと思います。

でも、携帯電話会社を新たに選ぶ際は、自分の住んでいるエリアや使う地区をちゃんとカバーしているかどうか、必ず確認してから加入する様にしてくださいね!

T-Mobileのカバレッジ(電波の受信範囲)は以下のページより確認できます。
外部リンクT-Mobileのカバレッジ(電波の受信範囲)

これを見る限りだと、、、オレゴンとサンフランシスコの北部はちょっと電波悪そうですね。

 

如何でしたか?
今日は日本へ一時帰国中に実際使ってみて超便利だった「T-Mobileの海外ローミングプラン」をご紹介しました。アメリカで携帯電話をどの会社にしようか考えている方、学生さんの方は是非参考にして下さい!

あと、、「参考になった!」と思った方は、下にある「いいね!」をどうぞ宜しくお願い致します!m_ _m

最後まで読んで頂き有り難うございました!
また次回もお楽しみに★

SPONSORED LINK

アメリカ⇔日本 一時帰国 の人気記事(^^)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
@Techガール

Techガール

このブログの運営者。アメリカの現地生活情報を読者目線で詳しく、分かりやすく書いています。妊娠出産を機に、現在は育児情報ネタが多いです。

2018年9月に月間約30万PVを記録!現地ライターさんにも協力を得ながら、アメリカ生活情報を提供し続けています(^^)

個人的な私のプロフィールはこちら

- アメリカ⇔日本 一時帰国
- , , ,

Copyright© TechガールのUsLife , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.