TechガールのUsLife

アメリカで生活するテックガールが、妊娠・出産・子育て・英語・アメリカ旅行者に役立つ情報など書いてます。

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

アメリカから日本一時帰国はT-Mobileの海外ローミングが最強過ぎた件。超オススメな理由を一挙にご紹介!

      2016/03/27

T-Mobileの海外ローミングは最強。アメリカで携帯使うならT-Mobileが断然おすすめ!

こんにちは。@Techガールです。

今日は昨年末の日本一時帰国中に知った、アメリカの携帯電話「T-Mobile」の超オトクな海外ローミングサービスについて詳しくブログでご紹介したいと思います。

実は昨年、日本へ一時帰国する際、「日本滞在中はレンタルポケットWifiでも借りて、外でのネット接続を間に合わせることにするか〜」と思っていたのですが、一時帰国するちょっと前に、最近AT&TからT-Mobileに切り替えた友達から、こんな事を聞きました。

「T-Mobileだと、日本滞在中のテキスト、ネット接続(海外ローミング)は無料で使えるんだよ!電話は確か…ちょっとお金掛かったけど、LINEも普通にそのまま使えるから、電話はLINEでやってたよ〜。実は今回、T-Mobileのこのプランを知って、日本一時帰国の為に、思い切ってAT&TからT-Mobileにスイッチしたんだよ〜!」

↑この真相を詳しく調べるため、日本に一時帰国する前にT-Mobileのウェブサイトで、今現在自分の入っているプランを入念にチェックする事にしました。

結果として調べてみると、T-Mobileの「Simple Choice」というプランでは、日本にアメリカの携帯をそのまま持って行って使っても、日本国内でも Unlimited Text(無制限でテキストし放題), Unlimited Data(無制限でデータ通信),Talk $0.20/min(通話は1分20セント)で使えるということが分かりました。

なんてお得で太っ腹なプランでしょう!!
T-Mobile、マジでSugeeeeeeee!!(笑)

 

データ無制限でネット使い放題なんて、どの国の海外ローミングプランでも聞いた事ないですよぉおお。。。(感動の涙)

今日はこの超オトクなプランと、実際日本で使ってきた感想、使用後に実際にT-Mobileから請求された金額、この太っ腹プランがどんなに素晴らしかったかを、ブログでご紹介したいと思います。

それでは早速ですが行ってみましょー♪

SPONSORED LINK

アメリカで携帯を契約するなら、「T-Mobile」が断然オススメ!特に日本へ一時帰国する時なんか超便利です!

私はもうかれこれT-Mobileを6年程使っていますが、全体的にとても良いプランだと思います。

特に、私が今使っている「Simple Choice Plan」というのは、以下の様なサービス内容となっております。

まず初めにT-Mobileの「Simple Choice Plan」をご説明

金額をご紹介する前に、基本サービス内容をご紹介します。サービス内容は簡単にはなりますが、以下にまとめています。(T-Mobileより抜粋)

T-MobileのSimple choice plan
左側のサービス内容は、以下に↓日本語訳付きでまとめています。

  • No annual service contract & no data overages.(年間契約無し)
  • Unlimited data even after all your high-speed 4G LTE data is used, at reduced speeds.(データ無制限 ※ただし契約内容に沿った限度を超えると回線スピードが遅くなる。このプランは毎月無料で2Gの high-speed 4G LTE が利用可能)
  • Unlimited calls and text to and from any number, including mobile phones, in the U.S., Mexico, and Canada. PLUS use your monthly 4G LTE data in Mexico and Canada like in the U.S., at no extra charge.(アメリカ、メキシコ、カナダへの携帯電話、テキストが無制限。月ごとの4G LTE データ通信もアメリカはもちろん、メキシコ、カナダでも追加料金無しで使用可能)

で、気になる料金なのですが、一人での使用料は月額50ドル。
上のサービス内容も含んだものですが、あまり電話をしない人にとってはちょっと負担額が大きい額かもしれません。

T-Mobileの料金プラン(一人で使用する場合)

でも、回線を2つにすると、いきなり料金が結構下がります。

二人での使用で月額80ドル。
ここでいきなり一人辺り月40ドルになりました。(私が夫と入っているのはこのプランです)

T-Mobileの料金プラン(二人で使用する場合)

ここからが凄いのですが、これからどんだけ人を追加しても、追加料金は一人当り10ドルで、人数を増やせば増やす程オトクになっていきます。(まぁそんなに携帯が必要な人も居ないでしょうがw)

下の画像は、4人で使っても月額合計100ドル。一人当り毎月25ドルになります。Sugeeeee!!

T-Mobileの料金プラン(四人で使用する場合)

これを見る限りだと、このプランを最大限に利用できるのは、アメリカに移住して来た家族や、カップルさんなどが使うと、とってもお得なプランになるのではないでしょうか。

学生さんの場合は、誰かと一緒に使って携帯代を安く使うという手もあるかもしれません。料金はT-Mobileのウェブサイトでネットで携帯代金を支払えますが、携帯の番号ごとに料金を支払う事は出来ないので、二人で契約する場合はどちらかが二人分の支払いをして、もう片方が支払う人に後払い(もしくは先払い)するという形になってしまいそうです。

先日「はっちすたじお」さんの記事で、学生さんでも格安で使える「T-Mobileのプリベイド携帯」の記事を発見しましたので、学生さんで携帯をお得に利用したい方は、そちらの記事も参考までにどうぞ。

参考「アメリカで格安のおすすめプリペイドSIM携帯はどれ?実は超お得なプランを紹介。」ーはっちすたじおー

「はっちすたじお」とは、サンフランシスコ周辺に住む学生さんや、その土地の個性ある住人さん達が作る、ウェブマガジンです。最近ニューヨーク版も作られたようで、様々なライターさん達が生活に密着した面白い記事を書いていらっしゃいます。

 

参考上で説明したT-Mobileの詳しいプランの説明は、以下からもどうぞ。(英語です)
T-Mobile Cell Phone Plans

 

どーでもいいけど私が体験した、留学生時代の携帯電話会社選びの失敗談

私はアメリカ留学生時代、アメリカの携帯の事を良く知らなかったせいもあって、値段の安さだけにひかれ、一時「Cricket(クリケット)」という携帯電話会社を使っていました。

この会社の便利な点は「No Contract」といって、2年使い続けるという契約をしなくて済むので、好きな時に解約できる点です。(今はT-Mobileも年間契約無しですが)※当時留学生だった私は、アメリカでは最低2年程は勉強を続けたいと思っていましたが、実際どれ程滞在できるのかが分からなかったため、携帯は「No Contract」のものを探しておりました。

2008年頃は、まだ殆どの携帯会社も「最低2年間は使って下さい」という2年契約の縛りがありました。また、どの携帯電話会社が良いとか全く分からなかったので、「最初はここでいっか〜」的なノリで使う事にしたので、Cricketを使い始めた後からが、かなり不便でした。

一番不便だった点は、アリゾナ州以外のエリアコードの番号だと、電話が掛けられなかったということ…。掛けることは可能でしたが、エリアコード以外の、例えばカリフォルニア州の番号に掛けると、追加料金を支払わなければならなかったのです。今では信じられませんよね。(汗)

当時学生だった私の友達の中には、他の州から編入して来ている人も何人か居たので、その友達に用事があっても電話が掛けられなかったので、その度に「Cricket、使えねぇええ!」って心の中で叫んでいましたよ。(笑)でもTextは無料だったので、エリアコード以外の友達とはTextだけで連絡を取る、という方法に使い方を絞っていました。

それでも月額40ドル程と、当時の何も知らない感覚からすると「安い」と思っていたので、約1年位はそのまま使っておりました。でも今考えると・・・T-Mobileの方が断然プランも良いし、値段も二人で2回線分使って月80ドルだし、今思えば「Cricket(クリケット)」の良さなんて、殆ど「無い」に等しいのでは?って思う程、使えないなーって思っています。(今はもっとサービスは改善されているかもしれませんが。)

T-Mobileの海外ローミングは、「最強」で本当に「無料」だった件

で、本題の海外での使用についてですが、T-Mobileのサイトにも以下の様にちゃんと謳ってありました。

T-mobileの海外での利用ピンクの文字だけ訳すると、「無制限のデータ通信サービスは、あなたの行く先々でも使えます。」とかになりますかね。。

で、早速気になる料金です。
T-Mobileの「Simple Choice Plan」を利用中の方が、海外で使用した場合の(今回は日本での使用)料金プランは以下になります。

T-Mobileの海外ローミングは本当に無料だった!※T-Mobileの「Simple Choice Plan」に入っている方の料金プランです。

やっぱりデータもテキストも無制限って書いてありますね!
ただ電話を掛ける場合が、1分20セントになります。

5分で$1です。
まあまあしますね。(汗)

しかし、データ通信&テキストが無料とか、こんな太っ腹なサービス、日本国内でも見た事ないですよーー!今はこれに匹敵するサービスとかあるんですかね??(もしありましたら情報をコメントで頂けると嬉しいです★^^)

用心深い私は、これを事前に調べて日本へ帰国しても、中々信じられず、「これホントなのかな?」と日本に到着してからも、すごく疑っておりました。

しかし、日本の羽田空港に到着して携帯が使える様になってから10分以内で、私の携帯は勝手にSoftbankの回線を拾って来る様になっておりました。

それから暫くして、T-Mobileからこういったテキスト↓が勝手に送られてきました。

T-mobileの海外ローミングは無料で超オトク!
先ほどご紹介した海外での利用プランと同じ事が書いてあります。データ無制限、テキスト無制限というのは、ここ日本においても同じ様にサービスが適用されます。

もうお気づきかと思いますが・・・、電波の部分は既に「SoftBank」の文字が!!日本滞在中は、ソフトバンクさんの回線を利用させてもらってるようでした。

T-Mobileの携帯を日本(もしくは他の国)で使う場合は、iPhoneの場合だと「Setting → Cellular」で「Data Roaming」をオンにすると、海外ローミングが使用可能となります。

「Data Roaming」がオフの状態だと、こんな感じ↓でメッセージが出て来ました。その後、上で書いた方法でローミングをオンにすると、問題無くソフトバンクの回線でネットや通話が可能になりました。

T-Mobileの海外ローミングの使い方▲「Data Roaming」がオフの状態だと、画面にこんなのが表示されます。「Additional fees may apply」と書いてあっても、「Simple Choice」プランだと追加料金は全く掛かりません。No Extra Chargeで使用可能です。(2015/12月の時点で)

T-Mobileの海外ローミングの使い方

 

データ回線速度は、アメリカで使える4G LTEよりはやっぱり遅いので、使い始めは「ちょっと遅いかな」と思っていましたが、普通にメールも取れるし、GoogleMapで地図は使えるし、2週間の日本滞在では何の問題も無く利用できました。(※ちなみにですが、電話利用中は3G、ネット利用時はLTEという表示になっていました。)

羽田空港(国際線、国内線)、東京都内、熊本市、阿蘇、福岡市内と色んな所に行きましたが、行く先々で問題無く使用できました。T-Mobileの携帯が日本の何処で使えるのかは、以下のリンクよりチェックすることができます。

参考Coverage for Japan

 

ただ当たり前ですが、Youtubeとかの動画コンテンツを見る場合はかなり遅いです。FacebookやInstagramも時間帯によっては遅く感じる事もありました。

でも別にそれでストレスになるほどヘビーユーザーでもないので、全くもって困る事はありませんでした。

回線を早くしたい人は、それ専用のサービスがあるようなので、別途お金を払ってアップグレードも出来る様でした。ただ、そこまでこだわりが無い人は、追加料金払わずとも普通に利用できます。

アメリカに戻ってからの請求書はこんなんでした。

日本では、そのまま2週間もフツーに使い続けましたが・・請求された額は下に書いてある様な感じで、合計でいつもより約$22アップしただけです。(以下の画像は、私がアメリカに戻ってから自分の発信着信履歴を調べた結果の一部になります。)

T-Mobileのウェブサイトから自分の掛けた発信着信の履歴はチェックできるし、どの部分にお金が掛かったなどの明細がハッキリ分かりやすく記載されているので、料金も後から詳しくチェックできます。

T-Mobileの海外ローミングを使った後の請求額
通話した時間が1分になっている通話は、旦那君が電話に出てくれなくて留守電になるまでしつこく電話していたので、一回辺り$0.20チャージされておりました。(涙)嗚呼もったいない!

こういった時は、留守電になるギリギリまでRingを鳴らし続けて、そして切る。その繰り返しで追加料金無しで相手にプレッシャーを与える事にしましょう。

私の旦那君はLINEとかFacebookなどのSNSが大嫌いなので、LINEもお互い使う事が無かったので、仕方ないので用事があれば日本=アメリカでお互い電話を掛け合っておりました。

今回の一時帰国での追加料金は、その電話料金($0.20/min)だけでした。

 

お友達とLINEで電話が出来る人は、LINEの電話で十分間に合うと思います。なのでLINEの電話で済む方は、今回の私の様に追加料金は全く掛からないと思います。

私も日本の友達と連絡を取る時は、LINEを使っていましたが、電波の状態とかも何の問題も無く使えていましたよ。

ただ、日本国内でT-Mobileの携帯から日本の携帯に電話する時は、$0.20/min でちゃんと計上されておりました。incoming call(日本にいる私の携帯に、アメリカから掛かってくる電話)も、この料金は適用されます。

簡単に図でまとめると、↓以下になります。

T-Mobileを日本で使った場合の図※私が分かっている範囲で書いた図ですので、実際にT-mobileのプランに加入する際は、店頭やウェブで詳しくチェックして下さいね。責任は持てませんので…。

Simple Choice Planの海外ローミングサービスは何と140カ国をカバー!韓国や台湾だって無料で使えちゃう、超優れものなんです!

今回は日本への一時帰国だけにスポットを当ててご説明しましたが、何とこのプラン、日本以外でも他140カ国で同じ様に使えます。

カバーしている国は以下のリンクで確認できます。
Automatic coverage in 140+ countries and destinations.

アジアでの主要国をリストアップすると、
日本、韓国、台湾、タイ、中国、インドネシア、グアム、マカオ、インド、フィリピン、シンガポール、スリランカ、オーストラリア、香港など。

これらの国でも日本と同じ様に海外ローミングが使用可能です。

なんか…T-Mobileって最強じゃないですか。。

最初6年前に契約した頃は、ただ安いだけがウリの携帯会社かと思っていたんですけど、最近は本当に色々と魅力的なサービスをどんどん打ち出していっています。

 

例えば最近「すげーなーオイ!」って思ったサービスは、Netflex, HBO NOW, Hulu などのビデオストリーミングサービスを、自分のデータを使わずに利用できるという超太っ腹なサービス。要するに、4G LTE回線でUnlimited(無制限)でビデオストリーミングし放題ということになります!

サービス名は「Binge On™」という名前なのですが、ちょっと私なりに分かりやすい様に説明してみます。

例えば私はHuluでアメリカのテレビドラマを見ていますが、普通の携帯電話会社だったら、ストリーミングしたデータ容量が、毎月契約しているデータ容量(私の場合は2G)を超えた瞬間から、超えた分だけ追加料金が加算されます。(Wifi接続でストリーミングの場合は携帯会社のデータを使っていないので、その場合は加算されません。)

でもこのT-Mobileが打ち出している「Binge On™」というサービスでは、特定のビデオストリーミングサービスを利用時は、自分のデータ容量から引かれることはありません。つまり、4G LTE回線を使いながら、ビデオストリーミングし放題という事になります!
まぁなんて素晴らしいサービスなのでしょう!^^

ちなみにですが、T-Mobileの場合は毎月契約しているデータ容量を超えても追加料金が掛かる事はありません。(だからUnlimitedなのです。)でもその代わりに2Gの容量を使いきると、回線が遅くなります。(自分のデータを使い切ると、画面に警告が出てきます。あと、回線スピードは4G LTEからLTEになります。)ですので、気づかずにデータ容量を超えて使っていた場合でも、追加料金が全く掛からないのがT-Mobileの良い所でもあります。

でもいくら追加料金が無くても、ビデオ見てる途中にデータを使い切って、急にビデオストリーミングが遅くなるのは結構ストレスになりますよね?でもこのサービスなら、早い回線のままビデオストリーミングを無制限で楽しめます。

「Binge On™」を使用するのに追加料金なんて必要無いです。
「Simple Choice Plan」に最初っから付いてきます。

うーん。。やっぱT-Mobileは最強です。

サービス内容の詳細は T-Mobile「Binge On™」のサイトをどうぞ。どのビデオストリーミング会社が対応しているのか一覧があるので、気になる方はそこからチェックできます。

その他の携帯会社の海外ローミング(海外での使用)について調べてみた。が、やっぱT-Mobileの圧勝でした。

AT&Tの携帯を海外で使用した場合の料金プラン

「International travel packages」という3つのプランがあり、一番安いプランの「Passport」でも「30日で$30」と料金は割高。しかもこれだけお金を払っても、$1/min の通話料が掛かる。T-Mobileの $0.20/min と比べると5倍の金額が掛かる事になります。

AT&Tの海外ローミングプラン

一番サービスが良いだろうと思われる「Passport Gold」も30日で何と$120!!しかもこれを利用しても・・・通話は $0.35/min も請求されます。

T-Mobileと比べると・・・もう高すぎて使えない。。。(涙)

Sprintの携帯を海外で使用した場合の料金プラン

何故かサイトが工事中だったので、後日詳しく説明します。(でもT-Mobileのがお得でした)

実はあります…T-Mobileのデメリット

しかし・・・
ここまで褒めまくっていたT-Mobileちゃんですが、実はのデメリットの方も…ちょこっとあります。

それは、砂漠や山岳地帯などは電波が超悪いんです!(普段足を踏み入れるエリアではありませんが…)

昨年、車でアリゾナからサンディエゴまで旅行しましたが、その際、砂漠地帯を車で走っている時は、T-Mobileの携帯のアンテナはゼロに近く、通話がほぼ出来ない地区となっておりました。

走行中もナビを使っていたのですが、何故かナビゲーションだけは正常に最後までナビを行ってくれておりました。これは未だに謎なんですけどね。。。

でも何故か、電波が届いてない地域を走っている際は、サテライトディッシュのアイコンがずーーと付いていました。(普段は表示されない)このお陰で電波の届かない地域でもナビが正常だったのかもしれません。汗)

旦那君が仕事用で使っている会社からの携帯(AT&T)も一緒に持って行っていたのですが、AT&TはT-Mobileがカバー出来ないエリアもちゃんとカバーしていて、カバレッジの広さには驚いたものです。(だからあんな高いのか…)

 

大都市や都会でなくても、砂漠や山の中とかじゃない普通の所に住んでいれば、T-Mobileで電波が繋がらないという事はあまり無いと思います。

でも、携帯電話会社を新たに選ぶ際は、自分の住んでいるエリアや使う地区をちゃんとカバーしているかどうか、必ず確認してから加入する様にしてくださいね!

T-Mobileのカバレッジ(電波の受信範囲)は以下のページより確認できます。
外部リンクT-Mobileのカバレッジ(電波の受信範囲)

これを見る限りだと、、、オレゴンとサンフランシスコの北部はちょっと電波悪そうですね。

 

如何でしたか?
今日は日本へ一時帰国中に実際使ってみて超便利だった「T-Mobileの海外ローミングプラン」をご紹介しました。アメリカで携帯電話をどの会社にしようか考えている方、学生さんの方は是非参考にして下さい!

あと、、「参考になった!」と思った方は、下にある「いいね!」をどうぞ宜しくお願い致します!m_ _m

最後まで読んで頂き有り難うございました!
また次回もお楽しみに★

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム

Comment

  1. るんぱ より:

    初めまして!この記事がとても参考になったのでコメントさせていただきました!去年冬休みに日本に帰国した際プリペイドの通話のみの携帯で過ごしていたのですごい不便な思いをしました、、、次日本に帰る際にはt-mobile に変えてから帰国しようと思います(verizonさんごめんなさい…(´・ω・`))

    熊本の食べ物に関する記事を見て気づいたのですがtechガールさんも熊本出身なのですね!!私も熊本をこよなく愛する生粋の熊本人なので記事を読んだときほんとに親近感がわきました笑 陣太鼓のこととかほんとにウンウン言いながら読んでました笑
    あちらの記事にはコメント欄がなかったので代わりにこっちに書かせてもらいましたが、ほんとあの記事には本当に共感しました。武者返し食べたくなりました、、、
    熊本空港のお土産コーナーの記事も是非書いて欲しいです!!需要バリバリあります!!長くなってしまいましたがこれからも更新楽しみにしてますね!!

    • @Techガール より:

      るんぱ様>

      おお!同じ熊本県民でしたか!(笑)
      コメントありがとうございます〜〜〜。^^

      T-mobile本当に良かったですよ〜〜本気でアメリカに住む日本人はもう全員T-mobileでもいいんじゃない?って思った位に大活躍しました!

      しかも追加料金無しで、海外ローミング使い放題でしたよ。
      ブログにも書いている通り、テキストも無料なんですが、通話は今のところ($0.20/min)でしたね。(日本国内と他140カ国で)日本の空港に着いて電源入れてしばらくしたら、勝手に電話回線拾ってきます。(私はSoftbankの回線をずーっと日本国内で使用してました。)

      このことから、日本を経由して韓国とかに遊びに行く場合も、普通にT-mobileの携帯だけで「Wifi難民」にはならずに済みそうです。最近本当に太っ腹なプランをたくさん打ち出してますよね〜。。昔はただ安いだけの携帯会社と思っていたんですが、最近ではT-mobileで大満足してます。超田舎に住んでいなければ、困る事とかほぼ無いです。

      プラン変更の際は、「Simple Choice」に入ることをお忘れなく!
      ※詳しくはこちら↓をご覧下さい。
      http://www.t-mobile.com/optional-services/roaming.html

      普通のプリペイドだと、多分無料海外ローミングは使えないと思いますので…。T_T

      先ほど熊本のお土産ランキングのコメント欄も開けました。
      http://www.theuslife.net/gift-from-kumamoto-ranking/

      コメント欄を開けるのを忘れておりました。。
      ご連絡ありがとうございます。^^

      熊本空港のは実は記事を準備しているのですが、写真をまとめたりなどまだ時間が必要で・・もう少し時間が掛かりそうです。でも記事が出来たらアップしたいと思っています。^^ 空港にも美味しそうなお土産がたくさんありましたよ。^^

      陣太鼓をお土産にアピってる人って、確実に食べた事ないか、よく熊本知らない人だと思うんですよね。。アレより美味しいお土産って、ホント沢山ありますしねぇ。。(武者返しはパイ生地で美味しいですよね!私も好きです)
      気持ちがわかってもらえて、何だか凄く嬉しいです。^^/

      コメントありがとうございました!
      今後ともブログを宜しくお願いします。

      Techガールより

  2. たか より:

    Techガールさん、初めまして。

    自分もヘビーなT-mobileユーザーで、日本語でT-mobileの素晴らしさを紹介しているサイトが少ない中、とてもうれしい気持ちで記事を拝読させていただきました。ただ、自分の持っている情報と少し差異があったので、もし照合して頂けたら幸いと思い、コメントさせていただきました。

    まず、日本でのデータローミングですが、2015年の8月の時点では128kbpsに速度が制限されていました。Techガールさんの図・及びiPhoneのスクリーンショットによると、日本国内でLTEでの通信が出来たとの事ですが、これは画期的で凄いことですね!自分もこの夏に帰省予定ですので、速度のベンチマーク結果を含め、iPhone 6, Xperia Z Ultra の両機種にて再度調査して来たいと思います。

    安定してLTEの速度が使えれば、IP電話、LINE電話、Facetimeオーディオ通話など駆使して「先方から電話を受ける」という日本でのT-mobile使用で唯一困っていた事が解決出来そうです。「LINE電話が使えた」と記事内にありますが、テキストでのやりとりだけでなく、LINE音声通話がWiFi環境下ではなく、外出先から(LTE使用時)でも問題なく使用されていたという事なんですよね?

    国際無料データローミングは 128kbpsというギリギリ使い物になるかどうかレベルの低速だった為、その対応策として T-mobileは海外ローミング向けに、High Speed Data Passというものを販売しています。これは追加料金で「3G/HSPA+」データ速度での接続を追加で可能にしてくれるというモノです。

    *4/8/2016 時点でも、以下の3パッケージから選ぶことが出来ます
    https://support.t-mobile.com/docs/DOC-7261
    100MB/1日/$15
    200MB/7日/$25
    500MB/14日/$50

    もしかしたらこれは「日本以外の低速な回線しか用意できない国」の為のパッケージという事なのかも知れませんね。しかも LTE ではなくて3Gですから、日本でLTEが使えるのであれば、日本に行く人には購入する意味が無さそうです。というより逆に損をしてしまいますね。

    次に「Binge On」についてですがちょっと注意が必要です。これは自分も間違えました(というよりT-mobileに騙された気分です)。

    ビデオストリーミングサービス見放題の Binge On を使うには
    ・ポストペイド(プリペイド不可)の Simple Choice に加入しており
    ・6GB 以上のプランに加入している(最安の2GBプランはダメ)
    という2つの条件を満たしている必要があります。

    2GBプランのアカウント設定内でも『Binge Onを有効にする』という選択肢があるのですが、これは「ビデオストリーミングサービス使用時に、圧縮して最適化を行う機能のON」という意味なんです。勿論2GB使いきるまでは、普通に高速で快適にビデオストリーミングサービスを観ることが出来ますが、2GB使いきった後は高速通信が制限されますので、実質翌月までストリーミングサービスの視聴は不可能になります。

    例えばBinge On対応外のサービスでは、100MBのデータが必要になるビデオも、対応内であれば半分や数割の最適化によって、50MBとかそのくらいで済みますよ、という意味です。とっても小さな字で注意書きがあるうえに、いかにも Simple Choice に加入していれば「誰でも使える」ような印象を与えるミスリーディングだと感じました。

    最後になりますが、携帯の電波が入らない所でなぜナビが使えたかというと、GPS信号はデータ通信に関係がなく、人工衛生からの信号を端末で直接受信するので、空が見えれば自分の緯度・軽度を割り出してくれて、それを現在地として地図上に表示してくれるからです。ですので地図データが端末上にあれば、理論上ナビ案内に携帯のデータ通信は不要なんですね。

    Google Map、Apple の地図アプリは「使用開始時」に地図を読み込むので通信が必要になりますが、かなりの広範囲を先読みしますので、地図が一度読み込まれたら終了させない限りナビは使用可能です。もし再起動などをした場合は、途方に暮れる結果になっていたと思います。*ちなみに Google Map であれば強制的にあらかじめ地図データを範囲指定してダウンロードしておく事も可能です。

    そういう事から、本体に数GBの地図データをあらかじめインストールしておくようなナビソフトでしたら全く携帯通信データを使う必要はありません(CoPilot、TomTom、NAVIGON など)。自分も良く山に行くので、もしもに備えてCoPilotを入れています。

    イメージ的には、昔の車載カーナビ、ポータブルナビ等は通信が出来なくてもずっとナビができていたのと同じ理由です。地図データの更新はパソコン等にダウンロードしてから移していましたよね。それをしないと目的地が無くなっていたり、道が変わっていたりと大変でした。今はGoogle/Appleが常に更新してくれているので、その必要が無いどころか、渋滞情報まで出してくれるありがたい時代になりました。

    Google/Appleの地図アプリの先読みにも限界がありますので、Techガールさんの体験した時は、ところどころ繋がっている時に再度先読みをした、もしくは充分先読みデータがあった、という事ではないでしょうか。

    ではでは

    • @Techガール より:

      たか様>

      はじめまして!
      コメントありがとうございます!^^ お返事が大分遅くなってしまいまして申し訳ありません。。T_T

      まだ仕事がちょっと忙しいので、一部のみのお返事となってしまいますが、質問にお答えさせて頂きます。

      >安定してLTEの速度が使えれば、IP電話、LINE電話、Facetimeオーディオ通話など駆使して「先方から電話を受ける」という日本でのT-mobile使用で唯一困っていた事が解決出来そうです。「LINE電話が使えた」と記事内にありますが、テキストでのやりとりだけでなく、LINE音声通話がWiFi環境下ではなく、外出先から(LTE使用時)でも問題なく使用されていたという事なんですよね?

      私の経験(12/3〜12/16/2016)から言いますと、LINE電話はLTE接続で何の問題もなく使用できました。(回線はずっとSoftbankを使用していた様です)
      蒲田のアパホテルにも一時滞在していましたが、そこでWifi接続するのを1日だけ忘れていたんですが、その時も友達からのLINE電話も問題なく、音声が途切れることなく普通に使用できていましたよ。
      あと、熊本市内でも外出時は普通にLINEもLINE電話も使えていました。

      東京の地下鉄のホームを移動中に、友達からLINE電話が何度か掛かってきてましたが、そのときも問題なく、普通の電話みたいに話して使っていました。
      今回の日本一時帰国では、東京、熊本、福岡、長崎(雲仙)と移動しましたが、雲仙以外は特に音声の質や回線の状態など、気になる問題は特に無かったです。スムーズ過ぎて、普通の電話要らないんじゃないかな?と思った程でした。

      雲仙は山の中だったので、そこではさすがに電波はずっと圏外のままで、使い物にならなかったです・・T_T;

      >自分もこの夏に帰省予定ですので、速度のベンチマーク結果を含め、iPhone 6, Xperia Z Ultra の両機種にて再度調査して来たいと思います。
      はい!かなりお詳しい様なので、結果が分かれば私も是非知りたいです。
      帰国してから思ったのですが、私も回線スピードとか図っておけばよかったな、、と思っていた所なので、詳しい情報が分かれば、そちらのページ(ブログをお持ちでしたら)にもリンクを貼らせて頂きたいと思います。(もしブログをお持ちでしたら、urlを教えてください!)

      こういった為になる情報は、
      是非みなさんにも知ってもらいたいと思っていますので。。
      T-Mobileの海外ローミングが、日本で、しかも無料で普通に使えるのを知らない人って多いみたいですからね。。
      (Simple Choice プランのみですけど)

      >国際無料データローミングは 128kbpsというギリギリ使い物になるかどうかレベルの低速だった為、その対応策として T-mobileは海外ローミング向けに、High Speed Data Passというものを販売しています。
      羽田国際空港に到着してからは、T-Mobileの携帯にそのまま海外ローミングが使える通知と一緒に、追加でもっと回線を早くするための追加サービスページへのリンクもありました。
      多分、たかさんが下さったリンクの情報になるのではないかと思います。

      また、「Binge On」のサービスと、カーナビでの疑問について、丁寧にお答え下さって有り難うございました。

      おっしゃる通り、「Binge On」には注意が必要みたいですね。。サービスを一応ONにはしていましたが、そういうカラクリがあったのは全く知りませんでした。。T_T 教えて頂いてありがとうございます!

      あと、PGSについても「なるほど〜」と思いました。

      GPS信号はデータ通信に関係がないんだというのを初めて知りました。。^^;
      GoogleMapを頼りに目的地まで行っていたのですが、最初は携帯のデータ通信が出来るところで使っていたので、おっしゃる通り最初に地図データを読み込んでいたため、そのままGPSでナビが可能だったのだと思いました。。

      簡単ではありますが、まずはお返事をさせて頂きたいと思います。
      コメントありがとうございました!

      もし可能でしたら、日本帰国後にベンチマークの結果を教えて頂けると嬉しいです!^^

      Techガールより

  3. てつ より:

    Techガールさん、はじめまして。とても参考になる記事、ありがとうございます。

    昨年から海外赴任しており、この夏に家族が一時帰国するのですが、その時の携帯をどうしようか、と悩んでいる最中にこの記事を見つけました。

    今はT-Mobileのプリペイド携帯なのですが、ポストペイに換えればこれが使えますね。ただ、スプリントに「日本放題(Japan Roaming)」というサービスが5ドル/月であるようですね・・・。

    https://www.sprint.com/global/pdf/shop/japan_roaming_add_on.pdf?ECID=vanity:japanplan

    このサービスについて、何か情報お持ちではないですか?もしお持ちでしたら、教えてください!

    • @Techガール より:

      てつ様>

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      お返事が遅くなりスミマセン。。

      まず、送ってもらったURLをチェックしたのですが、オファーが「Off er ends 3/12/2015」と下の方にすっごく小さく書いてあるのを見付けたので、もう既に終わっているサービスかもしれません。。Sprintのサイトも一応見てみましたが、もしこの「Japan Roaming」サービスが終了している場合は、以下の Sprint Global Roaming というサービスが使えそうですね。

      http://www.sprint.com/landings/international-value-roaming/

      「Sprint Global Roaming」のサービス内容は以下になっています。T-Mobileの海外ローミングと結構似ていますが、T-Mobileの方はデータも使い放題なので、やっぱりT-Mobileの方がお得かな〜と思いました。
      – 20¢/min.
      – Free Text
      – Free data up to 2G speeds

      このサービスを利用するには、何かお金を払ったりする必要はなく、Sprintに新規で加入すればサービスが付いてくるようです。既にSprintを使っている人も、普通に使えるんじゃないかなーと思いますが、何か連絡する必要があるかもしれないので店頭、もしくは電話で確認してみると良いと思います。

      T-Mobileはもう長い間使っていますが、私が昨年末の一時帰国で海外ローミングを使用するときは特別何かTmobileに連絡とかしないで、そのまま日本に行きました。ただ、データが無料で2Gにアップグレード出来たので、それだけはオンラインで自分のアカウントから処理していきました。

      2週間の海外ローミング利用で2Gを超える事はありませんでしたので、本当にフツーに使用できましたよ。LINEがあれば電話も出来ると思います。(実際友達と連絡とる時はLINEで電話してました。)

      日本に一時帰国する前に、「Sprint Global Roaming」がよいか、「Japan Roaming Plan」がよいのか、てつさんの日本滞在日数やプランなどと照らし合わせて、SPrintで質問してみるといいと思いますよ!「Japan Roaming Plan」は既にサービスが終了している可能性もあるので、その辺りも確かめた方が良いかもしれません。

      「Japan Roaming Plan」について詳しく知らなくてスミマセン。。
      でも何かしらこの記事が参考になれば嬉しいです。

      コメントありがとうございました!
      今後ともブログを宜しくお願いします。

      Techガールより

    • てつ より:

      Techガールさん、

      返信ありがとうございます!Sprintのカスタマーサービスに聞いたところ、このアドオンはまだ継続しているようでした。

      あと、ややこしいですが、この「Free data up to 2G speeds」というのは、2Gのスピードを上限として使い放題、ということのようなので、T-MobileのLTEと比べると、速さの差だけのようです。

      そういう意味では、T-Mobileと比較した場合、海外(つまり日本)使用時には大差なさそうなのですが、問題は、本国(つまり米国)での使用時かな、と思っています。

      Sprintの安さ(3GB/30ドル)というのはやはり魅力的なんですが、T-Mobileのセンスの良さというかカッコ良さ、勢いも魅力的なんですよね~(笑)

  4. Texas より:

    はじめまして。もうすぐ日本に一時帰国しますので大変参考になりました。あるサイトには、wifi calling を使えば日本からアメリカまでの通話は無料とあるのですが、これは本当でしょうか?どなたか試された方、いらっしゃいます?

    • @Techガール より:

      Texasさま>

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      Wifi Callingについては使用したことが無いのでよくわかりませんが、一応検索したら以下の様なサイトもあるようです。

      ▼iOS 8で採用予定のWiFi Callingの解説と、使い方
      http://blogfromamerica.com/?p=22589

      他にも「Wifi Calling」と気になるワードの組み合わせで色々と情報が見つかると思いますので、そちらでまずは検索してみて実際に利用した方の意見などチェックしてみるのも良いかと思います。

      あと、もしこのコメントを読んだ方で「Wifi Calling」についてご存知の方がいらっしゃったら、こちらのコメント欄を利用して返信して頂けると有り難いです。

      コメントありがとうございました。^^

      Techガールより

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  こちらの関連記事もどうぞ!

ロサンゼルス国際空港
ロサンゼルス国際空港での時間潰し…お土産売り場やレストランなど空港内の様子を一挙にご紹介!

こんにちは。@Techガールです。 最近ブログの更新スピードがかなり落ちています。スミマセン。。 今日はちょっと時間が出来たので、昨年末からの日本一時帰国関連の記事をまた書いて …

パスポート番号無しで航空チケットを予約する方法
パスポート番号なしで海外航空券を予約してみた。困っている人はこの方法でチケットが安いうちに買えるかも!

こんにちは。@Techガールです。 お久しぶりです。 年末に近づいてきたので段々と仕事が忙しくなってきており、ブログを更新する頻度が最近落ちて来ています。。最近ちょっと疲れ気味 …

ライドシェアサービス「Lyft」
Uberだけじゃない!アメリカ発のライドシェア「Lyft」がスゴイ!秒速で配車完了・安い・快適・簡単だったので感想をレポートします!

こんにちは。@Techガールです。 先日、朝から急用が出来て、急に車が必要になったので、以前から気になっていた「Lyft(リフト)」というアプリを使って、初のライドシェアリング …

熊本のお土産おすすめランキング!美味しいもの大集合!
熊本お土産おすすめランキング!熊本市民30年以上の私が推薦する熊本の美味い食べ物10選!

こんにちは。@Techガールです。 突然ですが、記事のタイトル通り、私は元・熊本市民です。(また身バレする要素を公開してしまった…汗) 以前このブログでもアナウンスしたように、 …

taxfree-main
日本一時帰国での買物は免税手続きを忘れずに!海外在住者は消費税分を取り戻して賢く買物しよう!

こんにちは。@Techガールです。 この前の日本一時帰国ですが、3年半ぶりだったので、日本での買い物(特に衣類)はお気に入りのお店でたくさん買ってきました。 その際に、海外在住 …

アメリカでお土産が買えるスーパー&お店20選!日本未上陸ブランドや喜ばれる品が揃うから超おすすめ!
アメリカでお土産が買えるスーパー&ショップ20選!日本未上陸ブランド&喜ばれる品が揃うから超★おすすめ!

こんにちは。@Techガールです。 久しぶりですが、アメリカ旅行者向け情報をブログしてみたいと思います。 今年は出産を控えているので、嬉しいことに日本から母(+母の友人一人)が …

熊本のご当地グルメ「タイピーエン」は、紅蘭亭で食べるべし!
熊本でタイピーエン(太平燕)食べるなら紅蘭亭!熊本人の私もオススメ!来たら絶対食すべき、熊本ご当地グルメ!

こんにちは。@Techガールです。 昨年12月に地元熊本に一時帰国した際、どうしても3年半ぶりに食べたくなったのが、この紅蘭亭のタイピーエン(太平燕)! 皆さん、この不思議な名 …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間21万PVを記録中(2016年9月)
外部メディアへのブログ寄稿も近々スタートします!

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら