アメリカで国際結婚

あたなも当てはまる?アメリカ人の夫と「国際結婚して良かったなぁ」と思った5つの事

更新日:

最近、慣れていたはずの海外生活が結構しんどくなってきたので、
自分を励ます意味でも今日はポジティブな事を思い出すように、
私の感じた国際結婚のメリット」「国際結婚して良かったと思う事を、
私なりの5つの事をまとめてみました。

私だけの意見に偏っているかもしれませんが、
少しでも共感してもらえる人が居れば嬉しいです☆

SPONSORED LINK

毎日キスやハグのスキンシップが欠かせない。

日本人旦那さんともこれが欠かせない人は沢山いると思いますが、
普通に何かあったらキス、ハグは当たり前で、
例えば旦那さんが朝から仕事に行く前にもKiss、
帰って来てからもHugとKissは当たり前。

寝る前もHugとKissは当たり前、買い物行ってくる前も普通にします。
(やり過ぎ?^^;)フィジカルなコミュニケーションが無いと寂しいので
これが無くなると非常に空しくなるかなと思います。
毎日当たり前に出来ることが嬉しいです。

帰る家が日本とアメリカの2つになった。

両国に家族があるのはとても嬉しです。
大変な部分も確かにありますが、誰にでもできる経験じゃないので、
このたまに渡り鳥的な生活は刺激があってとても楽しいです。
たまに帰る日本も、アメリカも何だか新鮮でイイ。^^☆

常に奥さんが一番美しいし、大好きだと言ってくれる。

日本では奥さんを見下したり「愚妻」という言葉があるように、
ちょっと下に見る事を美徳としている部分があると思うのですが、
こちらでは平等で妻の文句を冗談でもあまり聞く事が無いです。

奥さんは常に夫の中で一番の存在だと感じます。
(私のこちらの家族では常にそういう空気です)まあこれは夫婦仲が良いときだけかもしれませんが。。(笑)
常にこの状態を保ちたいものです。。^^;

世界中に友達が出来た。

これは留学生にも言えることですが、当然アメリカという国は多様な国で、
様々な国からの移民が沢山暮らしています。
その環境の中で生活していくと、自然と他の国の人とも友達になります。

色んな国の話を聞くと、いかに自国(日本)が恵まれているか、
もっと自国の事を知りたいと思うきっかけになったし、
また他国についても理解したい、知りたいと思う様になりました。
結果、いろんな国に対しての興味や視野が広がったと思います。

[ads2]

英語が上達する。

これも現地で生活するのであれば当然ですが、
英語環境に身を置いて生活する事になるので、
英語は日本に居る時の比では無い程上達します。

もちろんただ現地に居るからと言って上達する事は全くありません。
勉強してインプット、アウトプットを毎日行う環境があるから上達するのです。

英語は言語です。言語は生き物なので、使わないと覚えません。
また言葉そのものを覚えるのではなく、
使うシーンや環境で一緒に覚えるから効果があるのです。

英語は生活の一部となってしまうので、
外国に行っても英語を話せるので、
旅行先(英語圏じゃない国でも)でもあまり言葉に対して不安を感じなくなりました。

これらはアメリカで過ごしている事での副産物であり、決してメインな事柄ではありません。
またこういう風に思える様になるまでには、
なが〜〜い道のりがある訳です。(私はありました、まだ途中ですが。)
日本に住んでいると得られない、
こういうメリットもるよ〜程度に読んで下さい。^^;

如何でしたか?
今日は「国際結婚のメリット」だけに焦点を当てて、私の思った事をブログしてみました。
誰かのお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んで頂き有り難うございました!
また次回も宜しくお願いします。

SPONSORED LINK

アメリカで国際結婚 の人気記事(^^)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

- アメリカで国際結婚
-

Copyright© TechガールのUsLife , 2019 All Rights Reserved.