アメリカで国際結婚

結婚後も女性が社会で自立する為に必要だと思った事について、色々書いてみる。

更新日:

こんにちは。@Techガールです。

以前、「 国際結婚は人間力が試される? 」と書いたのですが、今日はそれに関連する事で思い出した事を書いてみます。

私は結婚するでに2、3年の間アメリカと日本を行き来していたのですが、アメリカに居る間は基本的に仕事はしていなかったので、色々と考える時間がありました。(アメリカに居る間といっても1年の間の3ヶ月間だけですが。。)

もちろん行き来していたので「結婚」という事も意識していたし、その時から「アメリカでの将来の自分」についてぼんやり考えていた事があります。

私は母子家庭で育ったので、小さい頃から「女は根性、働いてナンボのもんじゃ〜」的な精神が植え付けられていたので、今でもその精神は引き継がれています。なので結婚した今でも、

  • 「アメリカで日本と同じように仕事したい」
  • 「もし一人になった場合でも生活に困らない位に経済的に自立したい」
  • 「今よりスキルアップして現地でも稼げるIT系の仕事がしたい」
  • 「いつかシリコンバレーで働く!」(これは夢です 笑)

こんな事を考えています。
そして実際一つ一つですが実行しています。

SPONSORED LINK

私は日本でWeb関係の仕事をかれこれ10年程やっていたのですが、アメリカで結婚する頃にはフリーランスとして働いていたので、アメリカで仕事を探す必要はありませんでした。

殆ど地元からのお客様、もしくはネットから問い合わせを頂いた方ばかりだったので、実は一度もお会いした事の無い方達と一緒に仕事を行っていました。

連絡のやり取りは基本スカイプ・メール・電話です。本当に便利な世界になりました。(日本のクライアント様に感謝です。)今でもWebデザインの仕事を在宅で定期的にアメリカで行っています。

Webデザインの仕事も確かに今までのキャリアがあるので、言葉の壁さえなければアメリカでもやっていける自信はあるのですが、たとえ働く事ができても、何と言うか・・・

何か +α  が無いと、他のデザイナーよりも何かアドバンテージが欲しいと、ただでさえ外国人が母国以外で働くのは色んな壁があって厳しいので「自分にもっと付加価値を付けたい!」と思ったのです。

で、それで大学でプログラミングを勉強する事にしました。それをマスター、もしくは習得してキャリアを積めば、

  • 「アメリカで日本と同じように仕事したい」
  • 「もし一人になった場合でも生活に困らない位に経済的に自立したい」
  • 「今よりスキルアップして現地でも稼げるIT系の仕事がしたい」
  • 「いつかシリコンバレーで働く!」(これは夢です 笑)

は実現できるかもしれません。
いや、叶わなくても、少しながら近づく事ができるかも。
特に最後の「シリコンバレー」。(笑)一体何年掛かるのやら・・・。(でも始める事が大事!)

こちらに住むと決めた以上、何かしら自分に出来る事を見付けなければ!と思いました。まあ無理して見付ける必要も無いですが、見付けて何か打ち込める事がある方が、生活は倍以上に楽しく、豊かなものになると私は確信しています。

実際、何か自分が楽しいと思える事が無いと一人孤立してしまい、アメリカでの生活はとても寂しいものになってしまいます。

国際結婚で旦那さんの国について行った場合、様々な問題に必ずぶつかります。「何でも円満で毎日仲良くて問題無し!」という夫婦は存在しないと思います。居たらそれは老夫婦、もしくはすごく稀な夫婦かと思います。(笑)

  • 旦那さんと喧嘩した場合、どう過ごすか。
  • 不仲になった場合、どう過ごすか。
  • ストレスの多い生活(ある程度その地に慣れるまで)をどう自分で処理するか。
  • ある程度の事が自分一人で出来る様になるにはどうするか。

こういう事の処理能力が求められる訳で、これが処理できないと、自分がだんだん壊れていきます。(笑)思ってる事・やりたいと思う事が誰からの力を借りないと出来ないので、イライラ&フラストレーションの連続が続き、精神のバランスが保てなくなってくる訳です。

実際私も壊れかけました。(笑)

日本では殆ど発狂する事とか、物に当たったりする事が無かったのに、こちらではストレスを発散する術もなく、話せる友達も居なかった為、嫌な事があっても家に籠っては「何で私だけこんな思いを...」とか悶々と1日考えてしまい、ある日、爆発して自分でも驚くくらい発狂しました。(笑)

自分を見失う位、ストレスを処理できないって本当に怖いです。

日本で普通に友達と仕事の愚痴や、週末普通に飲みに行ったりしていたのか、どれだけ幸せだったか再確認できました。

[ads2]

そういった意味でも、アメリカで生活する以上、日本に居た時の様に自分の社会を作り、環境に馴染む事が必要かなと思います。

私の生活からすれば、旦那さんは普段、朝から仕事〜帰宅後に大学(授業ある時は)〜宿題〜寝る〜仕事の繰り返しなので、お互いに思いやりを持って家庭での仕事を分担する上でも、ある程度の事は自分で処理する能力が必要だったりします。

何でも任せっぱなしにされると旦那さんもいつか爆発するかもしれません...(うちのは爆発しました、もうずっと前ですが。笑)

どの国でもそうなのですが、社会的に自立して、いつでも前向きな女性って本当素敵だな〜と思います。旦那さんだってきっと奥さんが社会に馴染んで、毎日キラキラと輝いていたら嬉しいと思います。

なんというか・・・
社会的に自立する事で、海外での生活に関する経済的・精神的な問題を自分で処理する能力が身に付く。

のかなって思いました。これだけじゃないって意見もあると思いますが、でも私は「何か打ち込める物がある」お陰で、前向きになったり、成長する自分を見るのが楽しくて、そういう事で少し悪い事を忘れたり幸せを感じたりしています。

好きな事を見付ける為にも、まずは何でもやってみるといいかなって思います。私もまだ志半ばで、この先きっと挫折する位苦しい事もあるだろうと思うけど、何とか頑張っていこうと思ったのでありました。

SPONSORED LINK

アメリカで国際結婚 の人気記事(^^)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
@Techガール

Techガール

このブログの運営者。アメリカの現地生活情報を読者目線で詳しく、分かりやすく書いています。妊娠出産を機に、現在は育児情報ネタが多いです。

2018年9月に月間約30万PVを記録!現地ライターさんにも協力を得ながら、アメリカ生活情報を提供し続けています(^^)

個人的な私のプロフィールはこちら

- アメリカで国際結婚
- , ,

Copyright© TechガールのUsLife , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.