アメリカ生活と文化

ホンダの燃費が凄過ぎる!ついにトヨタ越えで世界ナンバーワンの車を作ったぞ〜!早くアメリカにカモン!

更新日:

こんにちは。@Techガールです。

今日すごい記事を発見して、どうしてもブログせずにはいられなくなったので、仕事が忙し過ぎてそれどころじゃないんだけど、日本の「職人&技術人魂」が凄過ぎる!と思ったので、今日はその事についてブログしてみたいと思います。
※記事の最後に10分の映像あります。

SPONSORED LINK

ホンダがついにトヨタ越えの「新型フィットハイブリッド」を開発したようです。
その開発までの道のりについてテレビ東京で少し触れているのですが、
わずか10分の間でも「日本人の職人&技術人魂」がひしひしと伝わってきます。

ご存知の方も多いと思うのですが、
こちらアメリカではテレビCMでも他社の製品などを社名公開してけなしたり、文句言ったりして、いかに自社の製品が素晴らしいか、といった内容を平気で流したりしています。特に選挙活動の時なんか結構ヒドいです。他の候補者の批評を言い合うCM合戦みたいなのも繰り広げられます。

何かこちらに住んでいると、こういう事ってやっぱり日本人の私にとって「どうなんだろう、、」って考える事もあり、聞いているとだんだんとイライラしてくる事もあります。
だって、その商品や人物を良いか悪いか判断するのは、お客さん次第なんで、他人を批判してまで自分が目立つとか成り上がるのってちょっと違うかな〜って思っちゃうんですね。

こういう考えもあって、
今回のこのホンダ新型フィットハイブリットの開発を見て、
日本人は本当に島国根性で、ライバルは常に自分自身、
他人の良い所も悪い所も吸収して今後の自分の成長の糧にしよう、
という様な素晴らしい面が見えた気がしました。
VTR終盤での言葉もとても印象的でした。

「トヨタさんも今後は新型フィットハイブリッドを超えるものを作ってくると思う、
でも一緒に頑張っていきたい。」

この言葉って本当に"日本人ならではの言葉"だな〜と思っちゃうんですよね。
同じライバル社でありながらも、
「世界最高の車を作る同士として、切磋琢磨してお互い頑張っていきたい。」

というこの言葉の裏に、
お互いに最高のモノを作り続けていこう。
チートは無し、技術や努力にも「嘘」「偽り」は無し。
正々堂々と頑張っていこう。
こういうものを感じました。

なんだろう・・・、技術に嘘が無いんですよね。
二番煎じという事も十分承知で、でもそれをも超える技術を作り続ける、この諦めない努力。
本当に凄過ぎます。

これが「世界でナンバーワン」の技術力を誇る、
日本人の根底に必要な考えや気持ちなんだと思います。

二番手だからって恥じる事はない。
ただ、ただ、最高のものを、自分たちが満足いくものを、満足するまで作り続ける。

ただ、外観をカッコよくしたり、
どっかの外国の人気ある車種をそのままパクって"技術や安全面は後回し"、
そういった本当に取って付けた様な技術力は長続きしないし、

見かけ倒しはいつかバレる時が必ずくる。
たとえ一時先頭を走っていても、いつか持久力が無くなって
メッキも剥がれてくるんだと思います。

私もモノづくりをする仕事なだけに、
こういった記事は非常に自分にとってプラスになるし、
良いものを作ろうというモチベーションにもなります。

商品は何であれ、使う人や機能、性能を考えて、
思いやりのある良いものを作っていきたいと、
私自身もこれによって良い影響を与えられました。

外国に住んでに居ると、本当に自分が日本人である事を誇りに思うし、
私自身も良い影響を回りに与える事が出来る人になりたいなぁ、、と思ったのでした。

ホンダの新型ハイブリット開発「燃費世界一への挑戦」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_46004/

ちなみにですが、
ここアメリカでよく見る車の車種をランキングしてみたいと思います。

[ads2]

アメリカでよく見る1位〜5位までの車種ランキング

さて、堂々の一位は・・・

  1. Prius(トヨタ プリウス)
    本当に良く見ます。近くのスーパーに行くだけでも余裕で2、3台は見ます。非常に静かなので横切っているのに気づかない時もあります。色はちなみに白が断然多いです。
  2. Lexus(トヨタ レクサス)
    トヨタの高級車ラインの車なんですが、本当この車もよく見ます。しかもかっこいい。。
    BMWも何故か結構よく見ます。外国の高級車はここアメリカでも人気です。
  3. エラントラ(ヒュンダイ)
    アメリカではよく見るヒュンダイですが、日本では余り人気無いみたいですね。
    デザイン改革してからデザインがかなり良くなったと思いますが、何だろう...でも何かやっぱり流行を追ってるデザインで飽きがきそうなデザインだな、とは思います。
    そして実際見ると以外に小さいです。
  4. MURANO(日産 ムラーノ)
    日本でもあるのか分かりませんが、こちらでも比較的人気の車種です。私も以前欲しかったですね。日産の車も本当人気でよく見ます。
  5. JUKE(日産 ジューク)
    これも日本で発売されてますよね、最近アメリカでもよく見ますよ。
    見かけるのは赤が多いです。赤は車の保険料が上がるので(買うなら)絶対避けるんですけど、何故か赤よく見ます。これもハイブリッドなら自分用の車として買う車の候補に入りそうな位かっこ良くてコンパクトで私的に今一番好きな車です。
    本当「一目惚れにご用心」ですね(笑)

 

記事にしたホンダが入って無い・・・(笑)
でもホンダもよく見ます。

4年前に住んでいたアパートの敷地にある駐車場には、
ホンダ、トヨタ、ニッサン、クライスラー」の車ばっかり駐車してありましたよ。
それくらいに日本車はとても人気です。
そのアパートでは特にホンダが多かったです。
中古でも新車でも共に人気です。

憧れのハイブリッド車でも中古車とかなら手が届くかもしれませんね。
こういったところで価格を調べて購入を考えてもいいかもしれませんね。

面白そうな書籍(なか見検索!あり)

ではでは、また面白い情報ブログしたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

SPONSORED LINK

アメリカ生活と文化 の人気記事(^^)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

- アメリカ生活と文化
-

Copyright© TechガールのUsLife , 2019 All Rights Reserved.