TechガールのUsLife

アメリカ在住のテックガールが、アメリカ生活情報(観光からお土産・妊娠・出産・海外育児)を発信中!

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

まだデータがありません。

フロリダでおすすめレストラン9選!在住者が選ぶ!美味しくて楽しい、絶対行くべき外さない食事はこの店で!

   

在住者が教えるフロリダでおすすめのレストラン

こんにちは!TechガールのUsLife編集部です!

今回は前回の記事、「フロリダで行くべき人気の観光スポット28選を、在住者が各都市ごとに感想付きでご紹介!アメリカ国内旅行の参考に!」の続編で、フロリダを訪れたら行ってみたい、在住者が選ぶ外さない美味しいレストラン9選になります!(前回に引き続き、フロリダ在住のライターさんに記事を提供して頂きました)

殆どの人は旅行に行くと、その土地で人気のものや有名なものが食べたくなりますよね。移民や観光客の多いフロリダは、アメリカンフードだけではなく、多国籍な料理が楽しめる場所でもあります。

今回は、数あるフロリダのレストランの中でも、実際に行ってみて食べたことのある、おすすめのレストラン9店をご紹介します!アメリカ全土にチェーン店があるお店や、フロリダ州内にチェーン店があるお店も紹介するので、近くにある場合はぜひ行ってみてください!

※紹介している予算は、ドリンクとメインを頼んだ場合の1人分の目安です。注文するものによって少し変わってくるのでご了承ください。

SPONSORED LINK

コロンビアレストラン(Columbia Restaurant)予算1人$30~

コロンビアレストラン外観

スペイン料理のレストランで、1905年にタンパのイーボアシティに創立された、歴史の長いレストランです。(前回の記事「フロリダで行くべき人気の観光スポット28選」でもご紹介しています)

フロリダでスペイン料理というと意外に感じるかもしれませんが、フロリダ州は昔スペインの植民地だった背景があり、スペインとの歴史が深い州でもあります。コロンビアレストランは、フロリダ州内に現在4店舗(2018年3月現在)あります。

私は今まで、その中の4店舗を訪れたことがありますが、どのレストランもスペイン調の内装が美しく、食事だけでなく雰囲気も楽しめるレストランなので、特に旅行中の方にはおすすめしたいレストランの一つです。

すべての店舗に小さなショップが入っていて、レストランオリジナルグッズを購入することもできます。

ドリンクで私がおすすめは「サングリア」。ワインベースのお酒で、赤と白から選べます。大人数やたくさん飲む場合はピッチャーで頼む方が割安です。

アメリカでの飲酒についてアメリカでの飲酒は21歳以上になります。未成年や21歳未満の方の飲酒は法律で厳しく罰せられますので、日本人であっても年齢に満たない場合は、この国では飲酒できません。せっかくの旅行を台無しにしないためにも、未成年の飲酒は絶対に止めましょう。

ウェイターがテーブルで作ってくれるのですが、下にある写真のように、お洒落なスペイン陶器のピッチャーに果物とワインを入れて、目の前で力任せに潰すのが見られるので面白いです。

コロンビアレストランのサングリア

食事のおすすめは、前菜の「1905サラダ」と、メインの「パエリア」です。1905サラダはレストランの創立年にちなんだ名前で、お客さんの大半が注文する看板メニューなのです!

レタス、オリーブ、ハム、チーズ、トマトが入っていて、この店オリジナルの1905ドレッシングがかかっています。酸味があり、サラダにとてもよく合う、ニンニクベースのドレッシングです。ちなみにこのドレッシングはレストラン内のショップで購入が可能です。

メインのパエリアは注文してから調理されるので、テーブルに来るまで30分程かかります。ちょっと時間がかかるので、前菜を注文する段階で一緒に注文するのがポイントです。

大きなエビやムール貝が入っていて、お米も硬すぎず柔らかすぎず、丁度いい具合に調理されています。テーブルには黒いスキレットに入って運ばれてくるのですが、ウェイターに頼めばきれいに小皿に分けてくれます。

コロンビアレストランのおすすめ料理 パエリア

スプーンできれいに貝やエビの殻を取ってくれるのは見ていて気持ちがいいです。自分で取ると手が汚れてしまうので、ウェイターに頼むのがおすすめですよ。

コロンビアレストランは、フロリダ州のタンパ、サラソタ、セントオーガスティン、クリアウォータービーチ、オーランドに店舗があります。フロリダの各都市を訪れた際は、このレストランが近く人無いか、ぜひチェックしてみて下さいね!

その他の詳細情報やメニュー等は、レストランの公式サイト(英語)をご覧下さい。
コロンビアレストラン公式サイト(英語)

メルティングポット オーランド(The Melting Pot of Orlando)予算1人$50~

全米にチェーン店のある「メルティングポット」は、フロリダ州内にも10店舗以上ある、有名なフォンデュレストランです。ここでは私が実際に行ったオーランド店をご紹介します。

フロリダのレストラン The melting Pod

オーランド店はドクターフィリップス地区のレストラン通りと呼ばれる「サンドレイクロード」沿いにあります。

オーランド市では毎年9月になると、「オーランド マジカルダイニング」というイベント行われていて、イベントに参加しているレストランでは、イベント専用メニューが設定されており、1人35ドルでコース料理が食べられます。

メルティングポットオーランドも、このマジカルダイニングに参加していて、イベント期間中は普段よりも安く楽しめます。イベントを利用したい場合は、レストラン予約の際に「オーランドマジカルダイニングで予約したい」と伝えるだけで大丈夫です。とても簡単なので、9月にオーランドに来る際は是非チェックしてみてください。

私も例にならってマジカルダイニングの期間中にメルティングポットへ行きました。メニューは前菜(チーズフォンデュ)・メイン(オイルフォンデュ)・デザート(チョコレートフォンデュ)で構成されています。

私のおすすめはメインの「サーフ&ターフ」という食べ物。フィレミニョンとロブスターが入っています。35ドルではなかなか食べられないので、値段的にも味もおすすめです。

メインはオイルフォンデュといって、日本で人気のチーズフォンデュとはちょっと違うものです。ベースはチーズではなく味付きのスープで、その中にスティックに刺さった生肉や野菜を入れて調理します。日本のしゃぶしゃぶに近い感覚です。ベースのスープは4種類から選ぶことが出来ます。

私はよくわからなかったので、ウェイターのおすすめの「モホ(Mojo)」にしました。パクチーが少し入っていていいアクセントになり、美味しかったです。

フロリダのレストラン The melting Pod

デザートはお待ちかねのチョコレートフォンデュ。ここでなんとシャンパンのサプライズが!レストランには主人と行ったのですが、最初に受付をした際に、何かお祝い事がないか聞かれたので、なんとなく数日前が結婚記念日だったことを伝えていました。

フロリダのレストラン The melting Pod

まさかサプライズがあるとは驚きです!シャンパンのサービスとスタッフからメッセージカードを頂きました。サービスがとてもいいので、お誕生日や記念日に行くのもおすすめですよ。

メルティングポットはアメリカ全土に店舗があります。オーランドマジカルダイニングに参加しているのは、ドクターフィリップスにあるオーランド店のみですので注意してください。

さらに詳しい情報は、レストラン公式サイトをご覧下さい。

オーランド マジカルダイニング公式サイト(英語)

メルティングポット公式サイト(英語)

ムーンフィッシュ(Moon Fish)予算1人$20~

フロリダのレストラン Moon Fish 外観

オーランドにあるシーフードレストランの「ムーンフィッシュ」は、先ほどご紹介したメルティングポットと同じ、ドクターフィリップス地区のレストラン通りにあります。

高級レストランなのですが、おすすめは「Happy Hour(ハッピーアワー)」の時間帯に訪れることです。ハッピーアワーとは、レストランが混みあう前の夕方の時間帯に、通常よりも安くお酒や前菜メニューが楽しめるシステムで、アメリカではほとんどのレストランが導入しています。

高級レストランのムーンフィッシュも、ハッピーアワーを利用すれば、かなり手ごろな値段で楽しめます。実際、私はハッピーアワー以外に利用したことはありません(笑)

フロリダのレストラン Moon Fish

シーフードレストランということもあり、ハッピーアワーのメニューには寿司が目立ちます。カリフォルニアロール、握り寿司や刺身もあって、店内には寿司バーがあり、その場で調理している姿が見られます。

おすすめは、「フライドカラマリ」と「スーパークランチロール」です。カラマリとは「イカ」のことで、フライドカラマリは日本語で言う「イカリング」です。上にはクンパオソースという、ピリ辛の中華ソースがかかっていてお酒によく合います。

フロリダのレストラン Moon Fish

▲上の写真は実際にオーダーしたカラマリです。とても柔らかくて、日本のイカリングに近い食感ですので、日本人の方も抵抗無く、美味しく食べられると思います。

スーパークランチロールは、カリフォルニアロールスタイルの巻き寿司で、外側にサーモンが巻いてあり、中にはエビとアボカドが入っています。驚きなのが、巻かれた後に油で揚げられている点です。

フロリダのレストラン Moon Fish

▲見た目は、上の写真のように、まるで寿司の天ぷら!アメリカの寿司スタイルには本当に驚いてしまいます(笑)
※写真は実際にオーダーした料理です。

寿司を丸ごと揚げるって、日本ではありえないですよね…。しかし見た目とは裏腹に脂っこいのかと思いきや、意外と食べやすく、上から掛けてあるテリヤキソースととてもよく合っています。

邪道だと思われるかもしれませんが、これがアメリカ流の巻寿司なのです。現地人にも人気の味で、思ったより美味しいので、アメリカに訪れたらこの手のお寿司もぜひ食べてみることをおすすめします。^^

さらに詳しいレストラン情報は、公式サイトをご覧下さい。

ムーンフィッシュ公式サイト(英語)

マニーズオリジナルチョップハウス(Manny’s Original Chophouse)予算1人$25~

Manny’s Original Chophouse

マニーズオリジナルチョップハウスは、中央フロリダ地域に5店舗ある、地元の人に人気のステーキレストランです。レストランの外装が特徴的で、壁一面に車のナンバープレートや標識が飾ってあり、いかにもアメリカのレストランという雰囲気です。

内装も引けを取らず、標識が天井や壁に車関係の看板やポスターが隙間なく飾られています。

Manny’s Original Chophouse

地元の人に大人気のため、開店と同時にほぼ満席になります。予約を受け付けていないので、待ちたくない場合は開店時間と同時に行くのがいいでしょう。または、国道192号線(US192)沿いのキシミー店はそれほど混雑しないので狙い目です。

マニーズオリジナルチョップハウスはフロリダ州内のレイクランド、ヘインズシティ、レイクウェールズ、ウィンターヘブン、キシミーの5か所にあります。

詳しいレストラン情報は公式サイトをご覧下さいね。
マニーズオリジナルチョップハウス公式

ビーチズアンドクリームソーダショップ(Beaches & Cream Soda Shop)予算1人$10~

ウォルトディズニーワールド内の「ビーチクラブリゾート」というホテルの中にある、ハンバーガー&アイスクリームショップです。リゾートに宿泊していなくても入ることができます。

一昔前のアメリカがテーマになっていて店内にはジュークボックスが飾ってあり、レストランのスタッフの制服が、その時代に合わせた可愛らしいものになっています。

店内はイートインスペース(店内で食べる)とテイクアウト(持ち帰って食べる)に分かれています。今回おすすめしたいのはイートインスペースでのみ注文できる、「キッチンシンク」というデザートです。

ディズニーワールドの中でも有名で、それでいてとても人気のメニューで、その見た目と大きさのインパクトは一度見たら忘れられないほどです。

一個の注文で4人前になり、中にはバニラ・ストロベリー・チョコレートアイス、クッキー、ブラウニー、生クリーム、ミントチョコレートチップ、チェリーがどっさり入っていて、名前の通りキッチンのシンクのような形の器に入っています。そして、水は出ませんが、なんと!蛇口も付いています(笑)

Beaches & Cream Soda Shop の巨大パフェ

▲友達と大勢で食べに行った際に写真に収めてきました。とても巨大なパフェで、お皿に蛇口が付いていました(笑)

Beaches & Cream Soda Shop

▲実際にオーダーした写真です。こんな感じで、かなり迫力満点!

私は友人と8人で行ったので、8人前を頼もうとしたのですが、お店の人に「後悔したくなければ4人前にしておいた方がいい」と忠告されたので、素直にそれに従いました…。

で、結果的にはお店の人の言った通り、8人でも4人前を完食するのがやっとでした…(汗)たくさんの種類のスイーツが入っていて、もちろん美味しいのですが、過ぎたるは猶及ばざるが如し。さすがに甘いもの好きでも途中でギブアップする量でした。

大人数で行けば楽しく食べられること間違いなしです。キッチンシンクが運ばれてくるときには、店内の照明が暗くなってサイレンが鳴るのも見所です。

「少人数なのでキッチンシンクはちょっと…」という人は、「ミニミッキーシンク」という小さいサイズもあるのでご安心を。シンクがミッキーのズボンの形をしていて、さらには持ち帰りもできます。とてもかわいいのでお土産にもぴったりですよ。

レストラン店内で食べるイートインは席数が少ないので、待ちたくない場合は予約してから行くのがおすすめです。

ちなみにディズニーワールド内のレストランは当日来なかったり、予約の時間から24時間以内にキャンセルすると、1人10ドルのキャンセル料がかかるので要注意です。

キャンセルする際は24時間よりも前にした方がいいでしょう。予約の際にはクレジットカードが必要ですので、クレジットカードの持参もお忘れなく。

もっと詳しいレストラン情報は公式サイトをご覧下さい。
ビーチズアンドクリームソーダショップ公式

ベイサイドグルメ(Bayside Gourmet)予算1人$15~

フロリダの地元で人気のレストラン Bayside Gourmet

ベイサイドグルメは、フロリダ半島の最南端にある島々、フロリダキーズの島アイモラーダ(Islamorada)という町にあります。家族経営でアットホームな雰囲気の小さなレストランなのですが、インターネット上の口コミがどのサイトでも高評価で、地元民にも観光客にも人気のレストランです。

私はキーウエストへ旅行に行った際の道中で、たまたま見つけて入りました。

私がこの店でおすすめするのは、ランチの「グルーパールーベン」です。「グルーパー」とは、ハタ科の魚の種類で、アメリカでは一般的に食べられている白身魚で、ルーベンとはサンドイッチの一種で、ライ麦パンにチーズとサザンアイランドドレッシングを挟んだホットサンドの事です。

アメリカで魚料理を頼むと、たいてい焼きすぎてパサパサになっている事が多いのですが、ベイサイドグルメでは絶妙な焼き加減でしっとりしていてとても美味しかったです。

フロリダの地元で人気のレストラン Bayside Gourmet

小さな町の小さなレストランとは思えないほどのクオリティで、日本人の口にも合う丁度良い味付けでした。数年前に行ったのですが今でも思い出せるほど美味しかったです。キーウエストに行く際は、私自身ぜひまた行ってみたいレストランの一つでもあります。

レストラン店内には、お土産屋さんとカフェもあり、コーヒーやスナックのテイクアウトができるので、ドライブの休憩所としても入りやすいレストランになっています。周辺に旅行で訪れる際は、ぜひ足を運んでみて下さいね!

ベイサイドグルメ公式サイト

ビアナポリ(Via Napoli Ristorante e Pizzeria)予算1人$30~

フロリダ州ディズニーワールド内にある Via Napoli Ristorante e Pizzeria

ビアナポリは、ウォルトディズニーワールドのテーマパーク「Epcot」の中のイタリア館にあり、南イタリアの本格的なイタリア料理が楽しめるレストランです。

レストランには大きなピザ窯が3つあり、その場で焼き立てのピザが食べられるのがビアナポリの大きな特徴です。窯は座席から見ることが出来る距離にあり、窯の前はキッチンになっているので調理風景を見ることもできます。舌だけではなく、目でも楽しめる点が、さすがはディズニーですよね。

フロリダ州ディズニーワールド内にある Via Napoli Ristorante e Pizzeria

ここでの私おすすめのメニューは、もちろんピザです!ビアナポリのピザは、アメリカでよく食べられる分厚い生地のピザではなく、本場の南イタリアで食べられている薄い生地のピザです。ピザの種類は豊富で自分の好みにトッピングを変えたり追加したりもできます。

大きさも1人前の「Individual」、3~4人前の「Large」、5~7人前の「Mezzo Merto」と3種類あり、日本の Large サイズは、日本のLサイズの二周り以上大きくて迫力満点です!

ピザの中でも私のおすすめは、「クアトロフォルマッジ」。日本でもおなじみの4種類のチーズの入ったピザです。ビアナポリではモッツアレラ、パルミジャーノ・レッジャーノ、フォンティーナ、プロヴォーネの4種類のチーズが使われています。

チーズしか入っていないピザですが、クリーミーで塩気が少しあるので、飽きの来ない味で美味しく食べられます。ラージサイズ以上だとハーフ&ハーフにも出来るので、他の味と組み合わせることも可能ですよ。

フロリダ州ディズニーワールド内にある Via Napoli Ristorante e Pizzeria

非常に人気のレストランなので、予約するのが無難です。当日予約は既に満席で取れないことが多いので、前日以前に予約をするのがおすすめです。そして、ディズニーテーマパーク内にあるため入園料も必要です。

先にご紹介した「ビーチズアンドクリームソーダショップ」と同じく、ディズニーワールド内のレストランは当日のすっぽかし、24時間以内のキャンセルにはキャンセル料がかかるので要注意です。予約の際はクレジットカードをお忘れなく。

ビアナポリ公式サイト

チューイーズ(Chuy’s)予算1人$15~

Chuy’s(チューイーズ)は「テクスメクス(TEX-MEX)料理」という、メキシコ風アメリカ料理が楽しめる、テキサス発祥のレストランです。とても派手な外装でピンク、黄色、赤、青などのカラフルな色が使われていて、派手過ぎて遠くからでも分かるほどです。

レストランでは有名な映画やテレビ番組をもじった、チューイーズオリジナルTシャツを購入することもできお土産にも最適です。

席に着くと無料のトルティーヤが運ばれてきます。(ちなみにお代わり自由です)一緒にサルサソースが付いてくるのですが、おすすめはクリーミーハラペーニョソースで、ウェイターに頼めば持ってきてくれます。これももちろん無料です。

ここでの私のおすすめは、ステーキブリトーです!ライスとサラダもセットで付いてきて1つのお皿に載っています。ライスはメキシカンライスかグリーンチリライスの2種類から選べます。

ソースも8種類から選べ、辛さも違うので自分の好みが選べます。私のお気に入りは、先ほども紹介したクリーミーハラペーニョです。ちょっとピリ辛で病みつきになります。

驚くのがブリトーの大きさです。直径12インチ(約30cm)の大きさのトルティーヤを使っていて、巨大で1回で完食するのはかなりの空腹でないと難しいです。私はいつも半分でギブアップしています。食べきれなければ持ち帰りが出来るのが、アメリカのレストランのいい点です。

持ち帰る際は、「Can I get a to-go box, please?」と言うと、持ち帰り専用のプラスチックの箱を持って来てくれます。アメリカのレストランでは大抵もらえるので、レストランに行く際はこの英文を覚えておくと便利ですよ。

さらに、このレストランでびっくりなのが値段で、それほど巨大なブリトーでも10ドル以下で食べることが出来ます!ドリンクやチップなどを含めるともう少し値段は上がりますが、それでもリーズナブルですよね。

食べきれない分は持ち帰ってホテルで食べる事も出来るので、アメリカでは一食分で二回分のご飯になることもよくあります。

チューイーズはアメリカ東南部の19の州にチェーン店があります。くわしい情報は公式サイトをご覧下さい。

チューイーズ公式サイト

花水木レストラン(Hanamizuki Japanese Restaurant)予算1人$20~

外国に住んでいたり長期で海外に滞在していると、日本食が恋しくなりますよね。

スーパーで売られている「スシ」は、日本の本物の寿司とはかけ離れたものだったり、日本食レストランに行っても、メニューに並ぶのはTeriyaki の文字ばっかりだったり。(笑)しかし、ここで私がおすすめする、オーランドにある「花水木レストラン」は、伝統的な日本食の食べられる、オーランドでは数少ない本物の日本食レストランです。

ディナーの時間帯はちょっと値段がお高めですが、居酒屋のような小鉢から、ステーキ、天ぷら、すき焼き、しゃぶしゃぶなどの鍋物まで揃っているのが日本人には嬉しい点です。

今回はリーズナブルな価格で楽しめるランチをご紹介します。ランチのメニューも豊富でラーメン、定食、丼もの、刺身などがあり、本場の日本食が楽しめます。

おすすめは定食で小鉢、漬物、味噌汁、ごはんがセットで付いてきます。それでいて10ドル以下なので、かなりお手頃です。定食の中で特に目を引くのが秋刀魚塩焼定食。私自身、アメリカで秋刀魚を見たのはここが初めてで、とても驚きました。

初めて行った際は、ちょうど秋だったこともあり迷わずオーダー。日本で食べるのと同じく、ちゃんと大根おろしが添えられていて、ちょっと感動しました(笑)秋刀魚は脂がのっていて美味しく大満足でした。でも割り箸で骨を取るのがちょっと難しかったです。

フロリダの日本食レストラン花水木

花水木レストランでは、毎週月曜日が「ラーメンの日」になっていて、普段はランチでしか食べられないラーメンが夜8時まで食べられる日になっています。

月曜日限定のラーメンのメニューもあり、地元の人に人気の日となっています。私自身ここのラーメンはまだ食べたことがないので、次回以降ぜひ試してみたいメニューの一つです。

花水木レストランは、インターナショナルドライブ沿いの「オーランドアイ」という大きな観覧車の隣のショッピングプラザにあります。

花水木レストラン公式サイト

 

いかがでしたか?

以上、フロリダでおすすめのレストランを9店ご紹介しました!冒頭でも紹介した通り、観光客と移民の多い土地らしい、様々な国の料理があり、何が食べたいかわからなくても一歩外に出れば、たくさんの選択肢があるのがフロリダの魅力です。

もちろん、ハンバーガーやステーキのような、王道のアメリカ料理店もありますが、やはり在住者としてはフロリダに来たからには歴史を感じられるスペイン料理や、観光地ならではの目でも楽しめるインパクト抜群の料理を食べてもらいたいです。

肉料理ばかり食べていると胃にもよくないですしね(笑)

フロリダは温暖な気候なので薄着になりがちですが、レストランの中は冷房が強めにきいているので、外食の際は薄めの上着を持って行くといいでしょう。

夏の夕暮れ時は涼しくなり、空の色がきれいなので、パティオのあるレストランでは外の席での食事もロマンチックでおすすめです。

フロリダを旅行する方にとって参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
また次回もお楽しみに★

編集部

匿名ライターやアンケートなどから集めた情報を元に記事を作成しています。ブログの著者、テックガールからの情報だったり、他ライターからの情報だったり、色々な人が書いた記事を集めている場合もあるので、ライターが限定できない時などに登場します。^^ よろしくです☆

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム
アマゾンプライムでお金と時間を節約する方法

  常に人気のカテゴリー!

アメリカで買えるお土産特集
トレーダージョーズ特集
ホールフーズ特集

  こちらの関連記事もどうぞ!

アメリカ iHopのパンケーキ
アメリカの元祖パンケーキ(?)IHOP(アイホップ)に行って巨大なパンケーキを喰らって来たよ!

こんにちは。@Techガールです。 数年ぶりに iHOP に行って来ました。 今日は昼ごろに起きて、なんか無性にパンケーキが食べたくなったので、旦那さんとIHOP(アイホップ) …

no image
The Old Spaghetti Factory に行って来た!

こんにちは、@Techガールです。 Central Phoenix周辺に家を見に行った帰りに、前から行ってみたかった「The Old Spaghetti Factory」に行っ …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間25万PVを記録中(2017年2月)
・サンフランシスコ&ニューヨークのウェブマガジン「はっちすたじお」で寄稿を始めました。

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
内容だけパクってどっかのキュレーションサイトの記事作りに使うのもやめて下さい。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら