TechガールのUsLife

アメリカで生活するテックガールが、妊娠・出産・子育て・英語・アメリカ旅行者に役立つ情報など書いてます。

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

出産前に知りたかった!産後の便秘が心配な人は、コレを摂っておくと地獄を見ずに済むぞ…

   

enema-main

こんにちは。@Techガールです。

今日は久々に産後の話題。

これは絶対ブログに書いておきたかったーー!!と思っていたのですが、中々時間が取れずにいたので、随分と書くのが遅くなってしまいました…。

ちょっと食事中の方には申し訳ありませんが、私は産後、酷い便秘になってしまい、人生で初めてアレを使う羽目になってしまったのです…。

産後は体の水分が母乳を作ることに集中してしまうせいか、体の水分が便に行きづらくなるらしく、最終的には糞ずまり状態になってしまったのです・・T_T

もう極論だけ先に言ってしまいますが、出産後は(母乳で育てる方は特に)便通にご用心下さい。なるべく水分をいっぱい摂って、食物繊維もバカみたいに食べちゃって下さい。(←嘘です、適量に便通が良くなる程でOK)

そうしないと私の様に産後まだ体が回復していない中、会陰切開の傷といきみで、ありえない程踏ん張ったあの部位に、またしても負担をかけることになってしまいます。

SPONSORED LINK

出産する当日は、便を柔らかくする Stool Softener を摂っておくと産後が楽

私が出産後に初めて大きい方の便意をもよおしたのは、出産してから2日後の朝でした。

私は普段から快便な方なので、そこまで踏ん張る必要もなくすんなり出てくるのですが、産後しばらくは体が緊張していたせいか、入院した初日は便通がありませんでした。

でも出産で体力を使っているので腹は減っているし、子どもを産んでからは結構な量を食べておりました。(まずい病院食でしたがw)

なので、入ってくる物は入ってきていたけれど、出す物は出せずに腸に溜まっていた…という状態だったのです。

でも産後に便秘になる人が多いというのは前から聞いていて、これはどうにかして避けなくては!と思っていたので、出産した当日に、病院からは Stool Softener(便の軟化薬)をもらって食事前に飲んで、もう無駄に力む必要がないようにしていました。

出産時には「お前、あの20分の間に10年分くらいは踏ん張っただろう」と自分に突っ込みたくほど踏ん張ったので、正直便くらいでもう踏ん張りたくないんです。。会陰切開の傷も少しながらあったし、まだ出血もしているので、なるべく下半身にもう負担はかけなくないんですよ。

出産してから初めての便は、Stool Softener(便の軟化薬)のお陰でスルっと出てきてくれたので、踏ん張る必要もなくてすごく楽でした。

なので、出産する前に便秘気味の方、便秘が気になる人、産後地獄を見たくない人は、出産した当日に何か食べ物を食べる時は、食べる前にStool Softener(便の軟化薬)を病院から貰って飲んでおくと後が楽かもしれません。

あと、帝王切開した友達の「産後初めてのトイレ体験」の話が本当に悲惨でしたよ・・。

その友人は帝王切開で出産し、出産してから同じく2日後位に便意をもよおしてトイレに入ったのですが、お腹の縫った傷が開いてしまいそうで怖くて恐怖の中、油汗を書きながら30分以上もトイレにこもって用を足したと言っていました。

聞いていて大変だったろうなと思いましたよ・・。本当にガクブルもんです。

問題は産後授乳が始まってから。体の水分不足で恐怖の便秘が襲ってきた!

今までは出産した当日の話でしたが、問題は出産して授乳が本格的にスタートしてから。

私は母乳とミルクの混合栄養で息子を育てていますが、母乳も与えているので体中の水分が母乳に集中するせいか、体が水分不足で特に便が固くなりがちで出にくくなっていることに気づきました。

母乳とミルクで育ててはいるものの、当時息子は母乳を飲む量が多かったので、なるべくならStool Softener(便の軟化薬)は取るのを避けていたのですが、緊急事態が発生します。

ウンチが・・全く出て来ないお(笑)

どんなに踏ん張っても出て来ないんです。T_T
というか、まだ下半身がヒリヒリするし不快で痛くて、そんなに踏ん張ることが出来ないんですよ。

なので、通常時の踏ん張りが100%なら、産後私が出来る踏ん張りはせいぜいその半分の50%くらい。

しかも、母乳で体の水分はおっぱいに集中しちゃっているので、こまめに水分補給をしておかないと便秘になるのは、そう珍しくないらしいのです。

産後すぐの便秘ならなんとか防いだけど、産後しばらくしてからの便秘は聞いてないよ?って感じでしたね。

産後便秘になりやすくなるのはなぜ?原因は?

先ほども少し書いたように、母乳を作るために体内の水分がそっちのほうに行ってしまって、腸内の水分が通常よりも少なくなることが原因のようです。

妊娠中は後期になると水分不足からお腹がよく張っていたので、水分補給には気を配っていたのですが、まさか出産してからも更に水分が必要になるなんて全く知りませんでしたよ…。

参考妊娠7ヶ月お腹の大きさを大公開!体重増加と胎動の感じ方は?お腹が頻繁に張る原因と予防は?

母乳は水分なので、よく考えると赤ちゃんの母乳を作る為にも、産後もしっかりと水分補給をしておかないとダメなんですね。。(そうしないと私の様に酷い便秘にもなるし)

あと私が個人的に思うのは、便意をもよおした時にベストタイミングでトイレに行くことが難しくなるので、例えば授乳中もしくは授乳直前に便意が来てしまった場合、まずは赤ちゃんにおっぱいを先にあげないといけなくなるので、そうなると腸内にある便はしばらくそこに留まることになってしまいますよね。

しかも腸内に便を長く滞在させると、少しずつ水分が失われていくので、これで更に便が硬くなってしまい出にくくなります。こうやって悪循環に陥ってしまうこともあるのです。

私の場合はこういうことも何度があったので、それも便秘を悪化させた一つだったのかもしれません。

産後の便秘はもう苦しくて心地悪くて、何だか生き地獄でしたよ。

お世話になった産婦人科に便秘の事を電話で相談しても、「Stool Softener(便の軟化薬)を飲んで便を柔らかくするしか方法が無い・・」との事だったのですが、それは便が作られる前の話で、もう出口付近でブロックしているモンには効き目がないんじゃ??って思っていましたが、そういう話になると、多分提案されるのは一つしか無いんですよね。

そう。恥ずかしいけれど、アレの登場です。最終兵器の登場ですよ。

しぶとい便秘には、こっちから直接バズーカー砲(浣腸)を放ってやりましたよ

みなさん、これ知ってます?

アメリカの浣腸

英語で「Enema」って言いますが、日本語だと「浣腸」っす。(笑)

しかも、アメリカの浣腸はサイズも超ビック!手のひらよりサイズが大きい!(笑)

こんなん、どうやって注入するんだよ〜〜〜!!って思いましたが、もうこれしか手段が無かったんです。。

なんかね、もう分かるんですよ。
何か出口付近でブロックしてる最後の反抗勢力がいるのは。

こいつらをどうにかしないと、Stool Softener でどうにか出ようと頑張っている彼らの為にも、このバリケードをどうにかして崩してやらないといけないんですよね。

で、私。もう決めました。
そんな分からず屋ちゃん達には、直接こっちからもバズーカー砲を放ってやるしかないと。

この頃はまだ3時間おきの授乳だったので、私がバズーカー砲を放つ時間は限られています。しかも、旦那君が家に居る時は何となくですがやりたく無かったんです。。。

ドアを偶然開けられでもしたら、それこそ最悪だな、と思ったので。

だって、コレ、見て下さいよ?
こんな格好↓でバズーカー砲を放つんですよ?

アメリカで初の浣腸体験

上はまだいいとして、下の格好なんて、もうよく分かりません。
てかこんな姿、見られたら恥ずかし過ぎるでしょ。

しかも目が合ったら何て言えばいいんでしょう。「最後の反抗勢力にバズーカー砲をちょっと〜」じゃ無理がありますよね。

怪し過ぎる上に、出産で頭がおかしくなったのかと勘違いされても仕方の無い回答だと思います。

偶然ですが、義理母に浣腸を買ってきてもらったその日は、旦那君は息子が無事に生まれたお祝いで、会社の同僚がお酒をご馳走してくれるってことだったので、夜はちょっとだけ外出することになっていました。

「今日しかない!バズーカー砲を放てるのは今日だ!」と思い、授乳中に英語の説明書を読みながら、使い方をおさらいしていました。

浣腸の効き目は抜群。腸内の反抗勢力を一瞬で蹴散らした!

日本でも使ったことのない浣腸を、ここアメリカで初めて使う羽目になるなんて、思いもしませんでしたね。

最初にアメリカの浣腸を見た時は、そのサイズに驚きましたが、使ってみれば効果は抜群でした。

つい数分前までに「最後の反抗勢力にバズーカー砲を〜〜うう〜〜」と、糞ずまりで苦しんでいたのが嘘のようです。

お陰で浣腸後はスッキリ爽快。まるで生まれ変わったかのようでした。

Enemaは素晴らしい。(デカイけど)

でも、これを教訓に授乳中ではありましたがStool Softenerを1日2回ほど、しばらくは取るようにしていました。※産婦人科や薬剤師に授乳中も取って良いかは確認しました。

出産時のいきみによる10年分の踏ん張りで、もうこれ以上踏ん張ることを全力で否定している私の下半身にも、余計な負担を掛けることなく、この日からは無事に快便生活を過ごすことが出来るようになりました。

それから一ヶ月程はStool Softenerを取っていましたが、次第に食物繊維などを増やしたり水分をこまめに取るなどしたら、次第に産後の便秘は解消されていったので、それからは取っていません。

出産後に便秘になると、踏ん張ることが通常より10倍ほど辛いので、気になる人は産婦人科や薬剤師さんに相談してみてください。

私は結局は浣腸まで使って便秘を解消しましたが、そうならない為にも産後は水分をたくさん取ったり、食物繊維を沢山食べたりして便秘にならなように注意して下さいね。

 

如何でしたか?

今日は私が体験した産後の便秘と、人生で初の浣腸体験を恥ずかしながら書いてみました。(ちょっとお下品でスミマセン…でもきっと知っていた方が産後のためにもなると信じています…)

出産してすぐと出産後の便秘は地獄のように辛いので、偶然にも出産前にこの記事を読んだラッキーな方は、産婦人科の先生にも相談して便を柔らかくする薬か、食物繊維がいっぱい入った食べ物を摂るようにしておいて下さいね。

Good Luck!!

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また次回もお楽しみに☆

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム
アマゾンプライムでお金と時間を節約する方法

  あなたにオススメのカテゴリー!

テックガールの出産までの記録
おすすめ育児グッズ
アマゾンファミリー(アメリカ)
アマゾンファミリー(日本)

  こちらの関連記事もどうぞ!

無痛分娩で息子を出産
無痛分娩の体験記!いきむ直前で激痛?自然分娩の痛みも同時に経験した、ちょっと珍しい出産体験談。

こんにちは。@Techガールです。 8月半ば、アメリカで初めて無痛分娩で息子を出産しました。 今日は無痛分娩に興味のある方に向けて、自分の体験談をブログに詳しく書いてみたいと思 …

産後の外出はいつから?アメリカでは産後すぐが当たり前?
産後の外出はいつから?出産3日後がアメリカ流?(無理して)すぐ外出したら、骨盤ガクガクで怖かった件。

こんにちは。@Techガールです。 今日のブログ内容はタイトルの通り「産後の外出」についてですが、前回のブログ「無痛分娩の体験記」の続きでもあります。 アメリカではご存知のよう …

産後クライシス
産後クライシスがやって来た…旦那にイライラ&怒り爆発で離婚の危機?生後2ヶ月の息子を連れて家出した話。

こんにちは。@Techガールです。 今回はブログのタイトルでビックリした方もいるかと思いますが、出産後のこの気持ちを忘れないためにも、まだ記憶が浅いうちにブログに書き残しておこ …

産後の女性をケアする「NPO法人マドレボニータ」さんが発行する『産後白書』
アメリカで妊娠&出産予定の方必見!日本とアメリカで産後ケアを提供している「NPO法人マドレボニータ」さんに直撃インタビュー!

こんにちは。@Techガールです。 先月から今月にかけてタックスリターンの準備に追われていて、いつにも増して忙しくバタバタしていたのでブログの更新が全くできずにおりました。。本 …

産後クライシス体験談
産後クライシスの体験談!夫がウザい?産後の女性たちのぶっちゃけ不満を集めてみたよ。

こんにちは。@Techガールです。 以前の記事「産後クライシスがやって来た…旦那にイライラ&怒り爆発で離婚の危機?生後2ヶ月の息子を連れて家出した話。」で、私の体験した …

実際に効果のあった会陰マッサージの方法
会陰マッサージは効果絶大!助産師から聞いた、裂けるのを最大限に減らすマッサージ方法をご紹介します!

こんにちは。@Techガールです。 妊娠後期の方で出産が間近に迫っている方なら、「会陰切開」という言葉は一度は耳にしたことがあると思います。 でも何だか「切開」っていう響きが怖 …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間25万PVを記録中(2017年2月)
・サンフランシスコ&ニューヨークのウェブマガジン「はっちすたじお」で寄稿を始めました。

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
内容だけパクってどっかのキュレーションサイトの記事作りに使うのもやめて下さい。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら