TechガールのUsLife

アメリカで生活するテックガールが、妊娠・出産・子育て・英語・アメリカ旅行者に役立つ情報など書いてます。

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

大阪府の中1遺体遺棄に思うこと。過去の性犯罪者はデータベース化して住民に知らせるべきだと思った件。

      2016/04/05

hanzai

こんにちは。@Techガールです。

先週辺りから日本を騒がせていた「大阪府の中1遺体遺棄事件」。

事件の詳細をニュースで目にする度に心が痛みます。この事件、よく調べてみると、犯人と思われる加害者の男性ですが、過去にも似た様な未遂事件を起こして、逮捕歴がある人物だったようなのです。

日本では未だ「犯罪歴のある人物の情報公開」はされておりませんが、アメリカでは普通に公開されていて、すぐにでもネットで簡単に調べる事が出来ます。

もちろん顔まで分かってしまうので、同じ地区に住む地域の住民にリスクを伝える上では、とても役に立っているのではと思っています。

今日は「大阪府の中1遺体遺棄」で感じた、アメリカと日本の犯罪者のプライバシーについて、私の思う事をブログに書いてみました。後半には、実際に過去の犯罪者(性犯罪者に限る)を調べるツールもご紹介しますので、アメリカ在住の方は是非参考にされてください。

SPONSORED LINK

アメリカでは犯罪者のプライバシーより、地元住民の安全の方が優先されている。

まず、この事件の加害者である人物は、ちょっと歪んだ性癖の持ち主である可能性があるという事が、密かにささやかれているそうなのですが、それで、まずすぐに思い出したのが、アメリカの「Sex Offender law」という法律。

この法律の元で、地元住民は過去に性犯罪を起こして実刑判決を受けた者が刑務所から出所する際に、その元犯罪者の住むことになるであろう地区に「過去にそういった犯罪を起こした人物が、あなたのコミュニティーに現在住んでいますよ(もしくは近々刑務所から出所しますよ)」と、市から通知を受け取る事ができます。

私も今のアパートに引っ越して間もなくですが、Phoenix市より以下の様な通知を郵送で受け取りました。(汗)

phoenix-letter
OWNER OR CURRENT OCCUPANT と書いてありますが、誰か「特定の個人」に向けたものではなく、「現在のここの住人」へという事で手紙が届いておりました。

その元犯罪者は「子どもを狙った性犯罪」で実刑判決を受け、その人の罪は「レベル2に分類される性犯罪」となっておりました。しかも、その元犯罪者は私の家からそんな遠く無い、場所(ちょっと古めの年季入ったアパート)に住んでいるようでした。(汗)

そしてその古アパートなんですが・・・
毎回車でその古アパートの前を通る度に、「感じの悪いアパートだなぁ・・」と思っていたのですが、結果、予感はまさに的中していたようです。

そこは見るからにガラの悪そうな上半身裸のタトゥーばりばりのお兄ちゃんや、全身黒ずくめで、頭にはフードを常に被っている怪しい人物などが日頃からウロウロしている場所なのです。やっぱり「類は友を呼ぶ」のでしょうかね・・元性犯罪者の住むアパートと知ってからは、間違ってもここを歩いて通る事だけは止めよう!と心に決めましたよ。

元犯罪者が同じコミュニティーに住む場合は、市が該当地区の住民に通知を送ってくれる。

以下は実際に受け取った通知ですが、その元犯罪者の「名前、顔写真、目・髪の色、身長、年齢、住所」まで全て詳しく書かれています。

また、どんな犯罪をいつ行って、対象となった被害者の年齢や人数までも結構詳しく書かれておりました。

これだけ詳しく書かれているので、早速ですが通知を受け取った後すぐに住所を検索してみました。(汗)そしたら何と私の家から1マイル圏ではないですか!!(汗汗)

まぁ性犯罪者が近くに住んで居るからって極度に怖がる必要はないと思いますが、もし私に子どもが居たら間違いなく次ぎの更新日(1年後になりますが)に引っ越ししていたと思います。

アメリカって犯罪者のプライバシーを守るより、日頃真面目に生きている一般市民を守る方に重点を置いているので、こういった恐ろしい性犯罪者の情報公開は、日本よりはるかに進んでいる気がします。(日本の現在のシステムが分からないので詳しく比較できませんが、日本に居た頃の感覚と比べるとって事です。)

ここアメリカでは、元性犯罪者のプライバシーより、
地元住民に「危険を伝える事」と「住民の安全」の方が優先されております。

この辺りが日本とアメリカと大きく違う部分ですかね。あと、「考えられる危険は前もって通知・排除」の考えが、日本より強い気がします。

目的は住民を怖がらせる事ではなく、リスクを知らせる為にある

この通知の主な目的は、そのコミュニティーに住む事を怖がらせる為にあるのではなく、「住民にとってリクスがありますよ」と通知をする事です。

また、性犯罪者は以下のようなレベルで分けてあります。

  • Level One :low risk to the community(その地区にとって余りリクスが無い)
  • Level Two :Intermediate risk to the community(その地区にとってまぁまぁリクスが有る)
  • Level Three:hight risk to the community(その地区にとってかなりのリスクが有る)

で、私の元に届いた通知は「レベル2」(汗)
微妙ですね。

初めてこの通知を受け取った時はビックリして、「もーー!!引っ越す前に調べておくべきだった!」って後悔しましたよ。でも、犯罪の多いアメリカなので、こういった元性犯罪者が全く近所に居ない地区を探す方が、今では難しくなっているのかもしれません。。(あれば相当田舎か超お金持ちエリアか…多分どちらか)

実際に「性犯罪者(英語で Sex Offenders と言います)」がどれだけ存在するのか、興味があって調べてみました。自分の住所の郵便番号で調べると・・その数なんと「95人」。

きゅ!
95人も居たんかー(゚∀゚;;)!!

ちょっとショックでしたね。。
ちなみに前住んでいた地区を調べると「15人」ヒットしました。少なっ!

前のアパートより今のアパートの方がグレードが高いのですが、安全かどうかで言えば、前住んでいた地区の方が安全の様です。(まぁ知っていましたけどねw)

ちなみに今住んで居るアパートですが、実はPhoenixの中心部(ダウンタウン)からも車で近い場所にあるので、それも大きく影響しているのだと思います。都会になればなるほど、犯罪も増えますし、仕方ないのかなって思っています。

以下はアリゾナ州「Phoenix」で検索した際に表示された、過去の性犯罪者のリストです。Phoenixの中心部であるセントラルフィニックス辺りに赤いマークが多く、この辺りは他の地区と比べても犯罪者が多い模様。

phoenix
その数なんと合計「1,644人」
すげーー!多過ぎ!(゚∀゚;;)

これから家を買う人・引っ越しする人は、これで「その地区の情報を丸裸」に出来るよ

HOMEFACTS
今回私が性犯罪者を調べたツールは以下のサイトになります。(上の画像はサイトのキャプチャー画像です。)

HOMEFACTS

このサイトで何が調べられるのかと言うと、

  • その地区の住民の平均学歴
  • その地区の犯罪履歴
  • その地区の性犯罪者リスト
  • その地区の平均的な物件の価格
  • その地区の環境に関する危険度(空気の奇麗さや紫外線の強さ、公害の有無など)
  • その地区の非雇用者の数

これらの情報を 全て無料 でチェックする事ができます。

こういった情報を細かにチェックできるので、特に見知らぬ土地に引っ越しをする場合は、こういったツールがあると非常に心強いと思います。

性犯罪者だけを調べたい場合は、上のサイトで郵便番号を入力し、「Offenders」をクリックしてください。すると性犯罪者のリスト一覧が確認できます。またその人物が何処に住んでいるのかも確認できます。

これ、なんと「顔写真一覧」で検索結果が表示されてしまいます。(゚∀゚;)

日本じゃ考えられないですよね。
「犯罪者に対する制裁」が恐ろし過ぎる・・・。

まぁ地域住民に危険を促す意味では、この位やっていて当然という気もしますけどね。

元犯罪者の履歴を公開するのには、確かに色々と意見があると思いますが、罪を犯していない一般の市民に、リスクを身近に感じてもらい「少しでも考えられる危険を自ら回避してもらう」事を促すには、十分役立っているのではないかと思っています。

この通知でリスクを知ってからは、実際私も夜にアパート敷地内を出歩くのは止めました。(大丈夫だと思うけど…意外に近いから怖いのです。。)

まずは「犯罪者のプライバシー」を守るよりも、「今後の被害を最小限に抑える為に、情報を最大限に活用すべき」と言うのが私の意見です。

 

如何でしたか?
今日は最近日本を騒がせている犯罪ニュースから、アメリカの法律について一般人が思うレベルで書いてみました。

最後まで読んで頂き、有り難うございます。
また次回も宜しくお願い致します。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム

  こちらの関連記事もどうぞ!

American_Kids_lunch
アメリカの子ども向けランチ、給食が衝撃的だったので実際買って食べてみたww

こんばんは。@Techガールです。 今日は前々からとっても気になっていたアメリカの子ども向けランチについてのお話。 お話というより、実際気になって仕方が無かったので自分で購入し …

red_candy
全力で食べる事を否定したくなるアメリカのケーキやお菓子の画像や写真をアップしていくよ。(2)

こんにちは。@Techガールです。 やっと最近ブログを書く時間を作る事ができたので、ブログを休憩している間に皆さん(楽しみにしてる人がいるのかは不明 汗)にお見せする為にiPh …

no image
アメリカ社会は移民や難民によって支えられてる?広がるアメリカの格差社会。

こんにちは。@Techガールです。 私が以前通っていた短大付属のESLがPhoenixにあるのですが、そこは以前住んでいたTempeより留学生が少なく、生徒の殆どは移民や難民が …

アメリカと日本のクリスマスの違いまとめ
アメリカのクリスマスってどんな感じ?現地で感じたクリスマス休暇の違いまとめ。

こんにちは。@uslifeです。 つい一週間位ですが、今年もアメリカの家族の家で開かれるクリスマスパーティに参加してきました。アメリカでのクリスマスは家族の一大イベントで、この …

ハイブリッド車
ホンダの燃費が凄過ぎる!ついにトヨタ越えで世界ナンバーワンの車を作ったぞ〜!早くアメリカにカモン!

こんにちは。@Techガールです。 今日すごい記事を発見して、どうしてもブログせずにはいられなくなったので、仕事が忙し過ぎてそれどころじゃないんだけど、日本の「職人&技術人魂」 …

結婚式のご祝儀の相場に思うこと
「ご祝儀が少ない」と文句を言うアナタに向けてちょっと一言。結婚式のゲストは「金づる」ではない。

こんにちは。@Techガールです。 10月に旦那さんの会社の同僚の結婚式に出席して思った事を今日はブログしたいと思います。 アメリカの結婚式はご祝儀という物がありません。 です …

kanji_tatto
そう来たかww 海外在住の私が質問されて回答に困ったワロス質問リスト

こんにちは。@Techガールです。 最近なんかこのブログの名前が急に嫌になってきてしまって・・・まだだ〜れも見ていないと思うので、その間にブログの名前でも大幅に変えてしまおうか …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間21万PVを記録中(2016年9月)
外部メディアへのブログ寄稿も近々スタートします!

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら