TechガールのUsLife

アメリカで生活するテックガールが、妊娠・出産・子育て・英語・アメリカ旅行者に役立つ情報など書いてます。

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

アメリカで妊娠・流産…初めての産婦人科の記録(2)〜すぐ妊娠した理由を考えてみた〜

      2016/06/06

pregnat-women

こんにちは、@Techガールです。

妊娠してからは日本の友達にもLINE等でごく親しい友達にだけ報告をしていたのですが、友達も本当ビックリしていました。
でも・・・その後流産した事を報告をするのはやっぱり悲しいものがあり・・距離が遠い事もあって、よくLINEで話している友達にしかまだ伝えていません。。

でも流産した話をすると、実は回りにも流産した人はチラホラ居たようで・・
中には出産中にへその緒が首に巻き付いて、死産してしまった友人の友人も居た様で・・・ほんの少しの間したお腹に居る事ができなかった赤ちゃんでもこんなに愛しいのに、死産とか考えただけで・・本当に涙が出て来ます。

SPONSORED LINK

私は今、アメリカに住んでいて、周りに友達が少ないせいか、今回の流産も「なんで私だけ・・・」と考えがちだったのですが、よく考えたら、私の姉(当時32歳)も6年目にして授かった二人目を私と同じ週の8週目で流産していました。ネットでも8週目で成長が止まってしまった例を結構みました。

私の稽留流産が分かった際も、姉にスカイプ経由で泣きながら報告したら、姉は動揺なく「ああーまぁたまにある事だからね。悲しいだろうけど、Techガールにはどうにも出来なかったんだよ。流産後は妊娠しやすいし、私も流産後は3ヶ月後位にすぐ授かったから、また落ち着いたら頑張りな!」と経験者より励ましの言葉をもらったのでした。

ああ、姉妹が居るって本当にスバラシイ。
この流産を経験してからは、最初の子は男の子が欲しかったけど、もう女の子でも男の子でもどーでもいいや!ってなりました。健康に問題なく、丈夫に産まれてくれれば、それで十分。

流産後は色々と心境の変かもありました。

  • やっぱり母親になるって本当にすごい事
  • 命が産まれるって…奇跡の連続
  • 妊娠→出産って当たり前って思ってたけど、実はそうではない
  • この年になって初めて妊娠に関する本を沢山読んだけど、
    子どもを望む人なら、1年でも半年でも一ヶ月でも子どもは早く作った方がよい

特に最後の「子どもは早く作った方がよい」というのは、産婦人科の先生も言ってました。
人生設計は人それぞれだとは思いますが、私もあと1年でも早かったらなぁ・・と思いました。子どもは二人は欲しいって思っているけど、この年だと結構難しくなるじゃないかって・・一人目を流産してから思う様になりました。

芸能人や有名なキャリア女性が、高齢でも妊娠→出産の報道を良く見かけるようになったので、「じゃあ私も簡単にできるわね、あと○年は大丈夫かな」って思ってる人って結構居ると思います。私も流産を経験する前までは、その一人だったので。=_=;

でも時が経過して、半年、一年経つにつれて、自分の体や卵子が年をとっていくのは事実なんです。
なので、流産する確立も20代の頃よりは上がると思います。流産すると本当に身も心も辛いです。。。本当に辛過ぎます。。

なので、子どもを望む人で迎える準備がオッケーな人達は迷わずに早めに作っておいた方がいいんじゃないかって思います。
でもこれは・・・個人的な事でもあるので、経験しないと分からない事ではありますよね。。

もし仲の良い友達が35歳以上で「いつかは子どもを〜」って望んでいる人がいれば、「早くした方がいいよ!」って速攻で勧めますね。友達にはこんな辛い思いして欲しくないので…。。

あと、私の友達の中に私と同じ様に妊活後にすぐ妊娠したという人が何人かいたのですが、その中で皆に共通しているな〜って思ったのが以下↓

  • 生理の周期が正確、あまり遅れたり早くなったりしない
  • 生理痛が無い、もしくは軽い

やっぱり「排卵日を知る」という意味でも生理の周期が正確なのは大切みたいですね。

(私の産婦人科の先生も「Oh, that’s a good sign!」って言ってました)私も若い時から生理の周期は28日位で定まっていました。殆ど毎月正確です。違いがあっても1日〜3日以内です。でもそれもごく稀です。

風邪引いたりして風邪薬を飲んだ月は、何故か生理が一週間位早くなったりしてたんですけど、、これ私の姉妹全員同じ症状なんですよね。何なんでしょう??

でも生理が3日以上遅れることって本当に無いので、もし一週間でも遅れようならば、すぐ妊娠しているって分かります。そんな事は自分の中じゃ妊娠以外に考えられないので(笑)なので今回の妊娠はすぐ分かりました。

あと、妊娠初期の症状として体にも変化がありました。

  • 生理一週間位前から、体がやたら暑く感じた。冷え性でいつも寒がりなのに、夜中に暑くてエアコンの温度を下げに起きていた位に暑かった。
  • 生理前の様におっぱいが張ってきたけど、今回は何故か乳首も結構痛い。シャワーが乳首にあたると特に痛い。
  • 着床したと思われる時期に茶色のオリモノ(出血)していた。
  • おしっこが少し近くなっていた。
  • 生理開始日に茶色のオリモノが少し出たので生理が来ると思っていた。

体が熱く感じるのは…何だろう??って思ってたんですけど、まさか妊娠しているとは思わなかったですね。(私は超冷え性の寒がり)基礎体温とかも忙しくて図ってなかったので・・・ ><;

どれも生理前症状と余り変わらないんですけど、一つだけいつもと違った点でハッとしたのは「乳首が痛かった事」

乳首が痛い時は排卵日前か後位だったので、これは明らかに普通の生理と違っていた点です。

最近日本でも「35歳からの高齢出産」という事で色々話題になっていましたが、確かに「妊娠のしやすさ」から言えば、若い方が妊娠しやすいと思うし、妊娠してから出産までの様々なリスク(流産とか)は、若い妊婦より統計上高くなると思います。

が、しかし、その統計には様々な人が含まれているので、今回すぐ妊娠して思ったのは、必ずしも自分がその中の統計結果に該当するという事は無いんだと思いました。

確かに流産はしてしまいましたが、一回目のトライでスピード妊娠出来たって事は、妊娠するだけの力は自分の身体に備わっているのかなって思いました。
身体は昔から健康な方で、婦人科系の病気も特に無かったので。。。なので心配するより、まずはやってみる事だなーって思ったのです。

インターネットが普及して、様々な個人の意見や見解がネットで氾濫していて、それが為になったり、逆に心配の種になってストレスになったりするので、まずは自分の身体を直接見てもらっている主治医の言葉を聞く様に、そして考えをネガティブな方に持っていかないように、気を付けたいと思いました。

このブログは既に稽留流産の手術後(D&C Procedure)に書いていて、現在でも、何が流産の原因だったのか、手術で取った赤ちゃんの細胞の検査待ちの状態なので、流産原因についてはまだ心配な事は残っていますが・・・ストレスを溜めない為にも、次の妊娠へ向けて前向きに考えている最中なのでした。

また、時間が出来たら続きをブログしたいと思います。

 

2014/10/20 更新

流産の原因が分かったのでブログしています。
こちらのよりご覧下さい。

参考「アメリカで妊娠・流産・・・初めての産婦人科の記録(4)〜染色体検査の結果〜」

2016/04/19 更新

2015年末に再び妊娠しました。この時の流産から約1年半年も掛かってしまいました…。T_T 稽留流産後、2度目の妊娠についても詳しくブログで綴っています。興味のある方は以下の記事よりどうぞ。

参考妊活1年半年にして遂に…妊婦になりました。流産を乗り越えて「妊娠〜出産までの記録」をブログに残していきます。

続きは関連記事をどうぞ!今回の流産について詳しく書いています。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  こちらの関連記事もどうぞ!

pregnat-women
アメリカで妊娠・流産…初めての産婦人科の記録(4)〜染色体検査の結果〜

こんにちは、@Techガールです。 前回のブログ「アメリカで妊娠・流産・・・初めての産婦人科の記録(3)〜掻爬手術 D&C Procedure 当日〜」の続きです。 今 …

掻爬手術、流産手術の生命保険給付金の受け取り方
流産手術後の給付金(アフラック)を申請→給付金請求→無事受け取りました。

こんにちは。@Techガールです。 昨年の話になりますが、稽留流産と診断されてから、その後「掻爬手術」をアメリカで受ける事になったので、その際に生命保険のアフラックのEVERか …

pregnat-women
アメリカで妊娠・流産…初めての産婦人科の記録(5)〜掻爬手術後の生活〜

こんにちは。Techガールです。 稽留流産で掻爬手術をしてから、、もう3ヶ月が経とうとしています。 時間の経過と共に、心の変化や思った事を、ここでブログしたいと思います。 サク …

pregnat-women
アメリカで妊娠・流産…初めての産婦人科の記録(1)〜掻爬手術 D&C Procedure を受ける〜

こんにちは。@Techガールです。 随分ブログをお休みしていました。。 久しぶりのブログです。   私の仕事が年末〜4月にかけて毎年忙しいので、5月の始め頃まではめち …

pregnat-women
アメリカで妊娠・流産…初めての産婦人科の記録(3)〜掻爬手術 D&C Procedure 当日〜

前回ブログ「アメリカで妊娠・流産・・・初めての産婦人科の記録(1)〜掻爬手術 D&C Procedure を受ける〜」の続きです。 アメリカで稽留流産と診断されてから、 …

pregnat-women
稽留流産して知った「トリソミー15」、その他の染色体異常の起こる原因のまとめ

こんにちは。@Techガールです。 これは私が実際に稽留流産を体験し、掻爬手術を行った後に、胎児の染色体異常について調べてもらった後、自分なりに調べた「染色体異常」についての知 …

pregnancy-mmr
妊娠前のMMR予防接種は必要?妊娠を希望する女性必見!抗体はママから赤ちゃんへ最初のプレゼント。

こんにちは。@Techガールです。 つい先日、掻爬手術を担当した産婦人科医から急に電話があり、なんでも「次の妊娠に向けて伝えておきたい事があるんで、気づいたら電話下さい」って事 …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間21万PVを記録中(2016年9月)
外部メディアへのブログ寄稿も近々スタートします!

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら