TechガールのUsLife

アメリカで生活するテックガールが、妊娠・出産・子育て・英語・アメリカ旅行者に役立つ情報など書いてます。

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

面倒な夕飯の献立はコレで解決!食材配達サービスの「Hello Fresh」を使ってみた感想をレビュー!

      2015/11/15

HelloFresh

こんにちは。@Techガールです。

久々のブログ更新です。
最近忙しすぎて、もう毎日夕食を作る時間も惜しくなってきました。T_T

そんな訳で、ここ最近ちょっと便利そうだなーと思っていた「食材配達(Meal Delivery Service)」を初めて利用する事にしてみました。アメリカでは Blue ApronHello Fresh などが有名なのですが、今日はその中の一つ「Hello Fresh」を使ってみた感想をブログしてみたいと思います。

この食材配達サービスを利用する事で、夕食の献立を考える必要が無くなり、またその材料を買いに行く時間を捻出する必要もなくなります。Meal-Kit Delivery とも言われ、今アメリカで急成長しているサービスなのだそうです。

SPONSORED LINK

まるで「プロの料理教室でお料理を習っている感覚」でご飯を作れる!

主婦の方ならよ〜〜く理解できると思うのですが、夕飯の献立を考えるのって本当に面倒なんですよ。(しかも毎日…)特に私は国際結婚で、旦那君はアメリカ人なので、食の好みが違う二人が「食べたい!」と思う献立を毎回考えるのが本当に大変なんですよ。

自分一人なら何でも食べますが、誰かに食べさせるとなると・・やっぱりそれなりのご飯を作ってあげる必要があるので、その為に「私の貴重な時間」を割く事になってしまい、毎回どうにか効率的に時間を回す事が出来ないかな〜と、ず〜〜と考えておりました。

そんな時、こんな↓サイトを発見しました。

Hello Fresh

hellofresh-01

「食材を配達(Meal Delivery Service)」してくれるサービスなんですよ。(NY辺りだと「Blue Apron ブルーエプロン」という同系のサービスが有名だと思います。)しかもレシピ付きで、全てが30分〜45分程で簡単に調理できるよう、準備されたものなんです。

このサービスの良い点は、以下になります。

  • 自分でスーパーに食材を買いに行く必要が無い
  • プロが作るお料理を自宅で簡単に作れる
  • まるでお料理教室で料理を習っている感覚で作れる
  • メニューを提案してくれるので、献立を考える必要が無い
  • 選んだ人数分の食材が送られて来るので、食材のムダを減らせる
  • 調理方法やカロリーも前もって知る事ができる
  • ご飯を作る時間を大幅にセーブできる

自分が選んだメニューに沿って食材が送られてくるので、調理は全部自分で行う必要がありますが、料理に必要な材料は計量された状態で送られて来ます。材料もちょうど二人分で、材料の無駄も省けます。(家族4人分などもありますよ)

食事は基本的に1週間で3回分(×人数分)です。
メニューは以下の様に、基本的に6つの中から3つ選ぶ形になります。

HelloFresh 食材配達サービス

私みたいに共働きの家庭や、たまには簡単にちゃちゃっとご飯を作りたい、買い物に行く時間をセーブして、他の事に時間を使いたい人向けにはめちゃくちゃ助かるサービスだと思います。

Hello Fresh のプランと価格

hellofresh-price-classic
▲例えば「Classic Box」で1週間3食分(×2人分)だと、$69になります。「Classic Box」以外には、ベリタリアン向けの「Veggie Box」もあります。

hellofresh-price-classic2
▲こちらは同じく「Classic Box」で、一週間3食分(×4人分)だと$129になります。

価格をまとめると、2015年9月現在では以下の様な価格設定になっています。

  • 一週間で3食分×2人(合計6食分)で$69
  • 一週間で3食分×4人(合計12食分)$129

今回は「Classic Box」の3食分×2人(合計6食分)を注文してみました。ただ最初にどんなもんかを試すために$69も払いたくないので、以下のクーポンサイトを使って注文しました。

使用したクーポンサイトは以前ブログでもご紹介しているので、注文する際は参考までにどうぞ。

要チェック!アメリカで買い物する時に絶対見ておくべきクーポンサイト。

よく$20 OFF や 30% 割引の広告は目にしますので、それら初回限定の割引クーポンを使って、気になる方はお試しでオーダーしてみると良いかもしれません。

日本だと「おいしっくす」のレシピ付き食材配達サービスがこれにかなり近いと思います。調理時間はアメリカよりも短く、主菜と副菜の2品が20分で作れる様にレシピを工夫してあります。

おいしっくすの献立キット おためしセットは1980円(送料無料) より

気になる「Hello Fresh」のメニュー一例

HelloFresh▲これはメニューの一例です。
上の2メニューは今回私がトライアルで実際に作る予定のメニューになります。メニューの種類はアメリカン、イタリアン、アジア、中華、インド料理など、様々なレシピが毎週登場します。

オーダーは約2週間前から可能。週ごとにスキップもできて便利!

HelloFresh
▲これは私の週ごとのオーダー状況なのですが、毎週水曜日に配達してくれるように設定しています。

薄い緑のバーは「配達済」黄緑のバーは「配達予定」状態です。ピンクの部分は「スキップ確定」で、赤は「スキップ予定」を表しています。

最初に「スキップ」を設定すると、バーが赤になりますが、ある一定の期間を過ぎるとバーがピンクになり、変更が出来なくなります。

初期設定だと、毎週決まった曜日に食材が配達される様になりますが、自分で週ごとにスキップすることも可能なので、一ヶ月に一回だけオーダーする事も可能です。

「Hello Fresh」から食材が届きました!

HelloFresh 食材配達サービス
▲予定していた水曜日にUPSから食材が届きました!

アメリカでは珍しい保冷材が入っていて、不在時でも食材が痛むのを防ぐ事ができます。(しっかし…毎回ながらアメリカの荷物の扱いは酷いです…「一回空けたんじゃないの?」って位にテープが剥がれてました 笑)

HelloFresh 食材配達サービス
▲中身は3メニュー分キチンと分けて梱包されておりました。もちろんレシピも付いています!

HelloFresh 食材配達サービス
▲中身を出してみるとこんな感じでした。
食材ごとに「Hello Fresh」のラベルが丁寧に貼ってありました。

HelloFresh 食材配達サービス
▲気になる肉類ですが、こちらはしっかり保冷剤に包んでありました。箱は配達後に空けるのを忘れていて3時間くらい家の中で放置していたのですが、しっかり冷えていました。(笑)

実際に作ってみました!

HelloFresh 食材配達サービス
▲今日はレシピに沿って「タンドリーチキンとりんごのサラダ」を作ってみたいと思います。上は盛りつけ例ですが、こんなキレイに作れるのかがかなり不安です…。

HelloFresh 中身
▲肉以外の食材は、メニューごとに小分けされた箱の中に全て入っています。(塩こしょう、バター等は入っていません!)2人分なので、どんだけ入ってるんだろう…って思ったけど、以外に少なくてビックリしました。

この時点で既に「2人分…本当にこれで足りるのかな?」と疑問に思い始めます…。

レシピの中で一番抵抗のあったステップなど

HelloFresh タンドリーチキンを作ってみる
▲タンドリーチキンのソースを「ヨーグルトで作る」という事を初めて知ったので、ヨーグルトとスパイスを混ぜて「本当にあの味になるのか?」とかなり疑問でしたが、とりあえずレシピに沿って、チキンとヨーグルトとタンドリーチキンスパイスを混ぜ混ぜしてみました。(笑)

HelloFresh 食材配達サービス
▲リンゴのサラダなんて、そんなシャレたもん作った事も食べた事も無いので、味の完成系が頭に全く浮かばないまま、ただレシピに沿ってリンゴを縦に切り刻んでおりました。

この切り方が非常に面倒だったので、「もう自分流で切ってしまえ!」って何度も思いましたが、一応近い形には切り続けました。(笑)※後で実際食した後に「この切り方がベストだな」と思う事にはなるのですがww

そして…遂に完成!

HelloFresh お料理完成
▲Techガール風タンドリーチキン!(勝手に命名 笑)

HelloFresh 食材配達サービス
▲Techガール風りんごのサラダ(笑)

HelloFresh お料理完成
▲レシピの完成図みたいに、サラダとチキンと飯を一緒に盛りつけたく無かったので、別々に分けました。というか、2人分のチキンの量が「これ一人分でしょ!」って思うくらいに少なかったので、飯を沢山入れて旦那君用のは誤摩化しました。

あと、サラダもたくさん食べて欲しかったので、別の皿に分けて大めに入れました。このサラダが何故かご飯と同じ分量くらい多く出来上がってしまったので、ちょうど良かったです。(笑)

チキンの量が思ったよりめっちゃ少なかったので…旦那君の食事を渡した後、残った私の分は以下の様な悲しい感じになりました。(涙)

HelloFresh 食材配達サービス
▲ねずみの餌か!って位少ないです。
でもサラダだけは何故か旦那君の分と同じ位か、それ以上ありました。(笑)

使ってみた感想やレビューなど

大人2人分にしては量が少な過ぎる

今回「Hello Fresh」を使った感想としては、分量がアメリカンサイズにしては少な過ぎるという点が非常に気になりました。

旦那君は全くもって大食いではありませんが、普通の男性と同じ位の量は食べます。男性二人分としては絶対に足りない分量だと思いますよ、これは。男性+女性でも多分若干足りないと感じると思います。

女性二人が食べる分にはちょうど良いサイズかもしれません。

元々健康志向なアメリカ人向けのサービスっぽいので、そこまで大量に食べさせる為のサービスじゃないので、量も控え目なのかもです。でも、クーポン利用無しだったら1食あたり約$11ですよー、2人分だと$22。

買い物に行く時間は省けても…自分で作る手間を考えると「ちょっと高いかな?」という感じです。

レシピ内の英単語で地団駄を踏む事になる

レシピに完全に沿って作る事になるのですが、普段あまり目にすることが無い英単語がちょこちょこ出てくるので、そういった単語が出てくる度に、一旦中止して調べる事になります。

例えば、

A「Zest and halve the lime」
B「Core the apple, then slice into thin matchsticks」など。

普段から英語の料理本を読んでいないと、ピンと来ない単語が結構あります。ですので、すんなり30分〜45分では作れない事もあるかと思います。

ちなみにAは「(ライムの風味を加える為に)ライムの皮をごりごりと削る、そして半分にカットする」で、Bは「りんごの芯を取ってマッチ棒くらいに細く切る」です。(間違ってたらごめんなさい)

「Core」って動詞にもなるんですね。初めて知りましたよ。ついでに英語の勉強だって出来ますよ。(料理作ってる時は面倒くさくてしょうが無いですけどw)

デリバリー用の段ボールがデカくて重い。捨てるには勿体ない気もするが…

HelloFresh 食材配達サービス

デリバリー用の段ボールは、3食分のメニューが保冷剤入りで運ばれてくるので、結構重いです。

更に、各レシピごとに食材が箱に小分けされているので、ご飯を作った後のゴミの量も多いです。食材はムダにはなりませんが、食材以外の梱包材が大量に入っているので・・・これって「結局は環境に悪いサービスなんじゃ・・」とさえ思えて来ました。(汗)

一方、この「Hello Fresh」のライバル社でもある「Blue Apron」では、デリバリー用の段ボールや、食材を入れていた容器をそのまま無料で回収するサービスがありました。

「Hello Fresh」にもこういうサービスがあれば、デリバリー用の段ボールもムダにならずに済むのになーと思いました。例えば毎週このサービスを利用する人にとっては、毎回この段ボールをただ捨ててしまう事に抵抗を感じる人って結構居ると思うんですよ。※アメリカでもゴミの分別はありますが、アパートではリサイクル用のコンテナが無い場所もまだまだ沢山あります。

今のところは自分でリサイクルに出すしか方法がありませんが、今後そういったサービスも出てくることに期待したいと思います。

まとめ

このサービスを毎週使うと、3日分のメニュー×4週で、合計$276も使う事になるので、毎週は利用しないと思います。でも忙しくなりそうな週には、数日分は買い物をしなくて済むので多分今後も使っていくのかな、と思っています。

一ヶ月に2週分くらいなら続けても良いかも。
というのが私の感想です。

料理や買い物をする事で節約できるお金よりも、その時間働いていた方がお金が稼げる!という方は、使った方が得だと思います。

レシピを読んで時間内に料理が出来る様になるには少し時間がかかりそうですが、夕飯のメニューを考えたり、食材を買いに行く手間が省ける事が、私には何より嬉しいので、それが一番の利用するポイントになっています。

また、プロが提案するレシピなので、忠実に作るとかなり美味しいお料理が完成します。分量を間違える事が無いので、料理教室で料理を作っている感覚と少し似ていると思います。

今回の料理で新しい発見もありました。
タンドリーチキンと一緒に作った「りんごのサラダ」ですが、これが意外に美味しかったのです。タンドリーチキンのスパイスと、りんごの甘みがもの凄くマッチしておりました。「これがプロの食べ合わせか…」と感心しましたよ。

野菜嫌いの旦那君もたくさん食べていたので、色々なレシピを試しながら、旦那さんの好みのメニューを探す事も出来ると思います。

国際結婚でこちらに来た方で、アメリカの料理を余りよく知らない方は、試しにこういったサービスを利用してみると、料理のレパートリーが増えたり、私の様に料理に関して何か新しい発見があるかもしれません。

 

如何でしたか?
アメリカのサービスにしては分量がちょっと少ない気がしますが、日々のまんねりレシピをどうにかしたいと思っている方や、夕飯のレパートリーを増やしたいと思っている方、忙しくて買い物の時間や料理する時間をセーブしたい方は、とっても便利なサービスだと思います。

気になる方は、上でご紹介しているウェブサイトでチェックしてみてくださいね。
あ、オーダーの際は「Hello Fresh の割引クーポン(coupons)」を使う事を忘れずに!お試し価格でレストランクオリティのお料理が何回分か無料になる計算なので、とってもおトクです。

日本在住の方は、「おいしっくすの献立キッド」
が、これに限りなく近いサービスを展開していますので、忙しい方は利用してみると時間を節約出来ると思いますよ。

おいしっくすの献立キット おためしセットは1980円(送料無料) より

最後まで読んで頂き有り難うございました。
また次回も宜しくお願い致します。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム

  こちらの関連記事もどうぞ!

アメリカで小切手を注文
アメリカで小切手(チェック)をネットで注文する〜Bank Of America編〜

こんにちは。@Techガールです。 今日は久々週末にお休みを取って色々と用事を済ませています。 平日は旦那さんが会社から帰宅するまで車を使っているので、 平日の間に出来る事って …

ホッカイロを日本からアメリカへ送る際の注意点
日本からホッカイロをアメリカに送ってもらう際は、ホッカイロの製造元会社をチェックすべし!!

こんにちは。@Techガールです。 まだまだ毎日寒さが続き、ホント嫌になりますね。 私の住む州(アリゾナ州)は比較的、冬でも暖かく過ごしやすので、冬の間でも気温がマイナスになる …

ワイヤレスマイスのおすすめ電池
ワイヤレスマウスの電池消耗が早い人に朗報。買うなら断然コレがおすすめ!充電式電池のススメ。

こんにちは。@Techガールです。 私はこのブログを iMac OS 10.6.8 で書いていますが、毎日だいたい6〜8時間くらい仕事とかブログを書くのに使っています。ですので …

アメリカでアパート選び・部屋探し
アメリカでアパートを探す&借りる際は必見!家探しに知っておくと便利な9つのポイント!

こんにちは。@Techガールです。 前にもブログでお知らせしていたと思うのですが、昨年12月に、「仮名:ゴキブリの館」アパートから脱出し、今の新しいアパートに引越してきました。 …

retailmenot-main
アメリカで人気のクーポンサイトはココ!高額商品を買う際は事前にチェックして、お得に賢くお買い物をしよう!

こんにちは。@Techガールです。 突然ですが、私はよくオンラインショッピングをします。 買い物に行って、何かめぼしい物を見付けても衝動買いは殆どしません。 どう考えても「これ …

アメリカ移住前に準備する事、やる事リスト
アメリカ移住前に日本で準備すべき事のリスト!備えあれば憂い無し!【保存版】

こんにちは。@Techガールです。 最近少し時間に余裕が出てきたので、久々にブログのメンテナンスやアクセス数、検索キーワード等を調べていると、このブログの訪問者には「アメリカ移 …

アメリカのお得なクーポンアプリ!!
アメリカの便利なクーポン&セール情報アプリでお得に買物!! スマフォに入れておくと超便利なアプリをご紹介!!

こんにちは。@Techガールです。 このところ、仕事と学校が忙しくてしばらく更新出来ませんでしたが、 今週末からは少し時間が出来そうなので、 今まで溜めておいた情報をブログして …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間21万PVを記録中(2016年9月)
外部メディアへのブログ寄稿も近々スタートします!

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら