TechガールのUsLife

アメリカで生活するテックガールが、妊娠・出産・子育て・英語・アメリカ旅行者に役立つ情報など書いてます。

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

会陰マッサージは効果絶大!助産師から聞いた、裂けるのを最大限に減らすマッサージ方法をご紹介します!

   

実際に効果のあった会陰マッサージの方法

こんにちは。@Techガールです。

妊娠後期の方で出産が間近に迫っている方なら、「会陰切開」という言葉は一度は耳にしたことがあると思います。

でも何だか「切開」っていう響きが怖くありませんか??

私も出産するまではそうでした。(でも妊娠後期になってお腹もドーンと大きくなってくると、毎日が苦しくて「早く出したい」の気持ちが何よりも強くなってしまうんですけどね。^^;)

出産するまでは出産のイメージが全く想像出来ないけれど、出産前に通っていたカイロプラクティックの先生(助産師の免許も持っている)や、既に子どもがいる友人達から揃って「会陰マッサージは出産前に絶対にやっていた方がいいよ!」と勧められたので、色々と方法を調べながら妊娠後期から実践していました。

結果だけ先に言うと、会陰マッサージの効果は絶大。

初産で高齢だったにも関わらず、裂けるのは本当にほんの少しで済んだので、産後のアソコの痛みは最小限に抑えられました。

産後は大抵の方が裂けた後の縫合の痛みで、円座が必要になりますが、私は円座は必要無かったくらいです。(すごく評判の良い円座を買っていたのですが、あまり出番がなく損した気分になりましたが…)出産した当日は医師からも「裂けるのはほんの少しで済んだよ、よかったね。」とも言われました。

会陰マッサージの方法はいくつかネット上にありますが、実際にやって効果があったのかについては触れてなかったので、今日は私が実際に効果のあったマッサージ方法を(恥ずかしいけれど)図で説明しようと思います。

出産間近で会陰切開の確率を少しでも下げたい方、またなるべく回避したい方は参考までにどうぞ。

※あくまで私が実践して効果があったと思った方法なので、もしご自分でされる方はご自身の責任の元でお願い致します。

SPONSORED LINK

実際に効果のあった会陰マッサージの方法

まずは爪を短く切っておく

会陰をマッサージするために、爪を短く切って清潔にしておいてください。爪が長いと傷付けてしまったり、バイ菌が入ってしまうと妊娠中は免疫力も落ちていますので、何かに感染して赤ちゃんに影響があっては大変です。

爪は短く清潔にしておきましょう。

手を石鹸やソープでよく洗って清潔にする

爪を切った後は、手をソープでよく洗います。気になる様であれば、爪の間も洗って清潔にしておいて下さい。(念のため、私は毎回爪の間までよく洗っていました。)

純 度の高い専用のオイルを手につける

マッサージに使用するオイルを手のひらに数滴落とし、手や指先に付けます。これでマッサージの準備は完了です。

図の様に順番にマッサージ

オイルをつけたら下の図の様にマッサージしてきます。

効果的な会陰マッサージ画像引用:wikiHow -Performing a Perineal Massage on Yourself-

(1)親指を図の様に2.5cmほど穴に入れて、その親指を肛門に向かって沿ってスライドさせます。下まで親指をスライドさせたら1分位その位置に指を固定しておきます。

この時、少し下に向かって若干会陰を伸ばしているくらいの強さで固定しておくといいと思います。(やり過ぎはダメですよ!)

効果的な会陰マッサージ画像引用:wikiHow -Performing a Perineal Massage on Yourself-

(2)その後、図の様に「U」の字を描くように会陰周りを上下に2、3分程マッサージします。マッサージ中はリラックスして筋肉が固くならないようにするといいですよ。

効果的な会陰マッサージ画像引用:wikiHow -Performing a Perineal Massage on Yourself-

(3)上の1〜2を約10分間かけてマッサージします。一週間の内に3、4回やっていると会陰に弾力性というか、少し伸びが良くなった感じになってきます。
最後に会陰周りにマッサージに使用したオイルを少し塗っておくと、会陰周りの皮膚を柔らかくするので塗って寝ると良いと思います。

私はマッサージ後に追加でオイルを少し塗って寝ていました。(出産した当日の朝、風呂に入った後もオイルを塗って病院に向かいました。)

マッサージの方法は以上です。

参考How to do Perineal Massage

 

日本で方法を調べると、会陰の周りをオイルでただクルクルとマッサージする…という方法がありましたが、私は何だかそれでは会陰が十分に伸びず、マッサージをやっている意味が無さそうだ…と思ったのと、「せっかくやるならちゃんと効果のありそうな方法をやっておきたい」と思ったので、助産師の免許も持っているアメリカのカイロプラクティックの先生に教わった、上の方法を取り入れてやっていました。

英語で調べてみると、アメリカのWiki Howのサイトに同じ方法が載っていたので、それを参考にしています。

 

私が会陰マッサージをやっていた場所はバスルームだったのですが、マッサージを始めた頃(妊娠33週位?)はお腹がすでにかなり大きかったので、風呂上がりに椅子を持ってきて、バスタブの端に座って片足を椅子に掛けてから両手を使ってマッサージをしていました。ご想像通り、かなり間抜けな格好になります。(笑)

ただ、注意しないといけないのが、これをやる頃はお腹が既に大きいはずなので、バランスを崩してひっくり返ったりしないようにして下さい。

これをやっていて時々「私一体何やってんだろ…ww」という気分になってしまう時もありますが、出産するときはこの努力が報われますので、頑張ってやっておきましょう。(このお陰で産後の会陰の痛みに関しては本当に楽でした…)

※痛みを感じたり医師から特別やらないように指示が出されている時は、必ずそれに従って下さい。自分の身体のコンディションは自分が一番知っておくべきですし、気の進まない日やお腹が張る日は止めておいた方がいいと思います。

まずは会陰マッサージ用のオイルを買っておく

このマッサージには純度の高い、無添加の専用のオイルを買っておくことがまず必要です。デリケートな部分にたっぷりと使用しますので、少々高くても質の良いオイルを買っておくことをおすすめします。

出産後も何かと使えて便利なので、量が多くてもあまり困ることは無いと思います。

私は産後、アソコがヒリヒリして産後2ヶ月位は不快な日が結構あったので、下でご紹介しているカレンデュラオイルをお風呂上がりに塗っておりました。

カレンデュラオイルは傷の修復を早めてくれる効果と殺菌作用もあり、産後の会陰縫合の傷にも良いので、出産した後もそのまま使用していました。

カレンデュラオイルの効能
カレンデュラは「皮膚のガードマン」とも呼ばれ、傷ついた皮膚や粘膜、血管を修復し、保護してくれます。

湿布やオイルなどで外用すれば、その優れた殺菌力・消炎力で傷や火傷の回復を助けたり、日焼けや皮膚の炎症を鎮めたりといった効果を発揮します。

カレンデュラの花を使用した黄金色のハーブティーを飲めば、からだの内側で粘膜や胃の炎症を抑えてくれます。

引用:ハーブのちから -カレンデュラの効能・効果-

これを塗っていると下着が擦れてもオイルの膜でデリケートな部分を保護してくれている感じがあったので、毎日重宝していました。赤ちゃんにも使用できるオイルもあるので、出産後もそのまま使えて便利です。

私が実際に使用したオイル

私が会陰マッサージに使った「オーガニックのカレンデュラオイル」はこちら↑です。アメリカだとアマゾンから購入できます。

デリケートな部分に使用するので、安心安全なピュアなオイルを使用するのがオススメです。また、こちらの商品は合成除草剤や殺虫剤、重金属、細菌、酵母およびカビが徹底的に審査されているそうですよ。

日本でも買える会陰マッサージに使用できるオイル

日本在住の方は以下から↓も購入できます。アメリカでもベビー用品専門店で売ってあるオイルです。

こちらは↓私が気になっていた商品です。日本で会陰マッサージの方法を紹介しているサイトで販売している、会陰マッサージ専用の有機カレンデュラハーブ100%のオイルです。

最初に会陰をマッサージしておいた方がいいなんて事を聞いても、全くやる気が起きませんでしたが、アメリカでは医師が会陰切開をすることなく、自然に任せて「裂けたら自然に裂けさせる」という考えで日本とは真逆だったので、「酷い具合に裂けたら産後が大変だろう」と思い直し、出産するちょうど一ヶ月とちょっと前位から週に3、4回程マッサージしていました。

あと、高齢出産した友人からも「会陰マッサージは絶対やっておいた方がいい!私は全く裂けなかったしオススメだよ!」と言われたので、その一言で俄然やる気が出て、出産する当日までやっていました。^^;

私の他にもう一人同じタイミングで妊娠した友人も会陰マッサージをやっていたのですが、彼女もやはり裂けるのは少しで済み、マッサージしていた甲斐があったと言っていました。

私も本当にやっていて良かったと思っています。産後は会陰以外にも身体中がガタガタになるので・・その痛みが軽減されただけでも本当にマシだったと思います。

マッサージ後にオイルを塗って寝ると、確かに会陰が少し柔らかくなった気がしていたので、それも出産時に会陰が程よく伸びる原因だったのかもしれません。

出産間近でお腹が大きい人にとっては、あんな場所をマッサージするなんて結構大変だと思いますが、、無理のない体勢で続けられる人は出産までお試しください。妊娠後期33週〜34週あたりを目安に、主治医に相談してから行って下さいね。

>> カレンデュラオイル一覧を楽天で見てみる

 

如何でしたか?

今日は出産前からやっていた、実際に効果のあった会陰マッサージの方法について詳しくブログでご紹介しました。お役に立てたら嬉しいです。

※このマッサージは必ずご自分の責任の元で行って下さい。万が一、マッサージ中に事故が発生しても一切の責任を負いかねます。上にも書いていますが、医師から特別やらないように指示が出されている時は必ずそれに従って下さいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また次回も宜しくお願いします!☆

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム
アマゾンプライムでお金と時間を節約する方法

  あなたにオススメのカテゴリー!

テックガールの出産までの記録
おすすめ育児グッズ
アマゾンファミリー(アメリカ)
アマゾンファミリー(日本)

  こちらの関連記事もどうぞ!

海外(アメリカ)で妊娠〜出産の記録
妊娠9週目のお腹の大きさの写真とつわりの状態。日本と違い過ぎるアメリカの妊婦検診やエコー検査の回数に驚愕!

こんにちは。@Techガールです。 ついに妊娠9週目なりました。 今日は9週目〜10週目に掛けての様子を、ブログで詳しくご紹介したいと思います。 (※妊娠9週目の時に書いた記録 …

無痛分娩で息子を出産
無痛分娩の体験記!いきむ直前で激痛?自然分娩の痛みも同時に経験した、ちょっと珍しい出産体験談。

こんにちは。@Techガールです。 8月半ば、アメリカで初めて無痛分娩で息子を出産しました。 今日は無痛分娩に興味のある方に向けて、自分の体験談をブログに詳しく書いてみたいと思 …

海外(アメリカ)で妊娠〜出産の記録
妊娠10週目のエコー写真とお腹・胎児の大きさ。つわりに劇的に効いた食べ物や赤ちゃんの成長も動画でチェック!

こんにちは。@Techガールです。 ついに妊娠10週目なりました。 今日は10週目〜11週目に掛けての様子を、ブログで詳しくご紹介したいと思います。 (※妊娠10週目の時に書い …

海外(アメリカ)で妊娠〜出産の記録
妊娠6ヶ月お腹の大きさを大公開!お腹の張り・腰痛・便秘などのマイナートラブルに悩まされる様になりました…。

こんにちは。@Techガールです。 妊娠6ヶ月の頃のお腹の大きさの写真を撮り溜めていたので、今日はそれをブログで公開したいと思います。週で言えば、妊娠20週、21週、22週、2 …

胎児ドック(スクリーニング検査)の体験談
胎児ドック(スクリーニング検査)を妊娠12週で受けたので検査内容や費用を詳しく説明するよ。

こんにちは。@Techガールです。 つい先日、胎児ドック(胎児スクリーニング検査)というものを受けて来ました。 アメリカでは妊娠中の期間を全部で3ステージに分けて、 First …

海外(アメリカ)で妊娠〜出産の記録
妊娠4ヶ月お腹の大きさを大公開!この時期の赤ちゃんの大きさや成長具合、母体の変化などのまとめ。

こんにちは。@Techガールです。 妊娠4ヶ月の頃のお腹の大きさの写真を撮り溜めていたので、今日はそれをブログで公開したいと思います。週で言えば、妊娠12週、13週、14週、1 …

ボディショップのボディバターで妊娠線を予防
妊娠線はボディショップのボディバターで予防可能か?使用中のお腹の写真と、おすすめのボディバターも一緒にご紹介。

こんにちは。@Techガールです。 私は妊娠してお腹が大きくなる前から、ボディショップのボディバターを愛用しているのですが、どうやらこれが妊娠線の予防にもなると聞いたので、その …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間25万PVを記録中(2017年2月)
・サンフランシスコ&ニューヨークのウェブマガジン「はっちすたじお」で寄稿を始めました。

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
内容だけパクってどっかのキュレーションサイトの記事作りに使うのもやめて下さい。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら