TechガールのUsLife

アメリカで生活するテックガールが、妊娠・出産・子育て・英語・アメリカ旅行者に役立つ情報など書いてます。

同じカテゴリー内の人気記事ベスト5

産後の外出はいつから?出産3日後がアメリカ流?(無理して)すぐ外出したら、骨盤ガクガクで怖かった件。

      2016/11/11

産後の外出はいつから?アメリカでは産後すぐが当たり前?

こんにちは。@Techガールです。

今日のブログ内容はタイトルの通り「産後の外出」についてですが、前回のブログ「無痛分娩の体験記」の続きでもあります。

アメリカではご存知のように、出産後はその翌々日に退院するのが普通です。

あ、もちろん医師の判断によります。例えば帝王切開だと傷の回復があるのでもう少し長く入院になるのかもしれません。

私は普通の無痛分娩だったので、思った通り出産した翌々日の朝11時に退院となりました。なので、予想通りの二日間の入院となりました。

で、私は出産してから初めての外出は何と、その3日後だったのですが・・・もう外出した日は背中やら腰やらオマタが痛くてしんどくて・・・本当に大変でしたよ。T_T

産後3日で(まだ横になっていたい体に鞭打って)外出したので、その結果、骨盤がグラグラで不安定過ぎて、歩いていてかなり心配になりました。。(涙)

日本だと「出産してから一ヶ月は布団は敷きっぱなしで家事はしない、外出も一ヶ月経ってから」と言われている様ですが、どうやらここアメリカは違ったようです。。

アメリカと日本の産後の外出について、自分の体験した産後の外出についてちょっと詳しく書いてみたいと思います。

SPONSORED LINK

アメリカではママは産後すぐ、赤ちゃんと小児科に行かされる…

なぜ私が産後3日で外出を強いられたのかと言うと、理由はコレ↑だったんですね。

そうです。
生まれた子どもの検査と体重チェックで、お母さんはゆっくりする暇もなく産後すぐに新生児を小児科へ連れていく必要があります。

生まれたばかりの息子は、出産してから退院するまでに体重が減ってきていたので、退院後に小児科で体重をチェックする必要がありました。

出産してすぐは、母乳の出もあまり良く無いので体重が減ってくる赤ちゃんは多いそうなので心配ないとのことでしたが、退院した翌日に小児科へ連れて行くと、栄養不足で軽く黄疸が出かかっていたのと、体重の減りが産まれてすぐの体重より10%くらい落ちてきていたので、急遽フォーミュラ(粉ミルク)と母乳の混合で、次の検診まで赤ちゃんに飲ませることになりました。(体重の減りが10%以上になると医師も心配になると言っていました)

こんな感じで赤ちゃんの体重が減っていないか、母乳だけで大丈夫か等のアドバイスを小児科ではもらう事ができます。

まぁ必要だと分かっていても、産後3日で赤ちゃんと外出とか、結構ビックリしますよね?(笑)

しかも小児科って新生児だけが行くところではなく、基本病気の子どもが行くところだと思うので、変な病気を移されないかなど…結構不安でもありました。もし冬場だったら生まれてすぐに風邪とか引かれると、心配でしょうがないと思うんですよね。

また、新生児と言えども体重はすでに3kg近くあるし、カーシートに入れてからの移動になるので総重量も結構なモンで、、あれを持って産後3日でウロウロとか・・・結構拷問に近いのでは?と思っていましたが、小児科に着いてふと周りを見回してみると・・・

新生児であろう、小さい赤ちゃんを抱っこしたお母さんが数人ほどチラホラ。
しかもみんな、出産して数日しか経ってない感じに全く見えないんです。

なんか皆すごい元気で、顔を歪めてヨボヨボと歩いていたのは私だけ。

出産して数日しか経っていないアメリカのママ達は、何故か皆元気でタフそうでした。(笑)

幸い、私は旦那君も産休を取ってくれていたので、小児科には旦那君と一緒だったので重たい荷物は持たずに済んだのですが、息子を車から取り出す時だけは私がカーシートを持ち上げていたので、本当に重くて大変でしたよ。T_T(産後なので、あんまり体の変な部分に力も入れたくなかったので、産後すぐの外出がイヤでしょうがなかったです。)

私一人だったら、産後3日で赤ちゃん連れで外出とか、絶対無理だって思いましたよ。。。

でも、本当にこんなすぐに外出するのがイヤだ!って思った一番の理由は、他にありました。

出産後は骨盤が開いていて、歩いていると骨盤付近がゴキゴキ音を出してグラグラと腰辺りが不安定なのが、もう体で感じるんですよ。。。T_T

産後の骨盤が、超・不安定だなんて初めて知った

ええ。
本当に知りませんでしたよ、産後の骨盤がこんなに不安定だなんて。

小児科に着いたあたりから何か腰と足の付け根辺りがおかしいなぁ・・と思っていたんですけど、歩く度に骨盤がガクガク音を出して、何か不安定で脚の付け根辺りが常にグラグラしてるんです。。。T_T 歩く度にガタガタしていました。

産後は骨盤が緩んで開いているから、それを調整して閉めるまでは本当にあまり歩きたくなかったんですけどね。。まぁ息子のためなんで仕方ないです。

この時、産後用の骨盤ベルトを何故買っておかなかったのかと、激しく後悔しました。。。

というか、妊娠中のお腹を支えるための腹帯や骨盤ベルトは知っていたんですけど、産後も必要になるって知らなかったんですよ。。

今日初めてこの事実を知った方、産後は骨盤がグラグラしてかなり不安定になるので、そのままだと腰痛の原因や骨盤が開いたままでお尻がデカくなってしまいますので、産後用の骨盤ベルトは必ず買っておいた方が絶対いいです。

あともう一つ、骨盤ベルトが必要だと思ったのは、今までお腹の中に居た赤ちゃんを出してしまったので、急にお腹の中にスペースが出来てしまい、今まで赤ちゃんによって圧迫されていた内蔵がズドーンと下がってきているのをすごく感じていたからです。

もう、歩く度に「内蔵…アソコから出て来ないよね?^^;」と、あり得ない心配ばかりしていました。(笑)

出産した人は、多分コノ感じ↑経験している人って多いと思います。この「内蔵が下がっている感じ」って、何だか不快で気持ち悪いですよね?^^;

産後、すぐに外出する人は「骨盤ベルト」を着用した方がいいよ

そんなこんなで、急遽アメリカ人の義理の母にお願いして、産後の骨盤を締め付ける商品が無いか探して買って来てもらいましたが、なんだか腰回り全体を締め付ける感じで、肝心の骨盤周りが調整されている感じが全く無かったので…お母さんには悪いと思いましたが、一週間もしない内に着用するのを止めてしまいました。T_T

※もし、アメリカで産後の骨盤ベルトを探す場合は「postpartum belt」で検索すると、色々と出て来ると思います。「postpartum=出産後」の意味です。

それからは日本でも良い物が無いか探してみることにしました。

で、最終的に私が見付けたのがコレ↓。産後専用の骨盤ベルト。

産後の骨盤ベルト

下着メーカーのワコールと日本助産師会と共同開発商品で、響きがいいのと実際使った人のレビューも良いので、どんなモンかと買って使ってみたら、コレがお値段、付け心地、締め付け感も文句無しの骨盤ベルトで、とても気に入って使っていました。

買ったら産後の骨盤ベルト着用が非常に大事だという事が色々と書いてあったので、忘れないようにここにも載せておきたいと思います。

写真に↓撮っていたのですが、ブレて読みずらかったので下にテキストで説明を書いておきます。

産後の骨盤ベルト(説明)

■知っておきたい、産後のからだのこと
出産後、ママのからだは、自然に妊娠前の状態に戻ろうとします、そうした自然の働きをサポートすることが、キレイなママへの鍵。まずは、開き気味の骨盤を引き締めることから始めましょう。その際、まだデリケートな状態のウエストや腹部は押さえつけず、骨盤をヒップの下から斜め上にしっかり支えて引き締めることが大切です。

■出産後、すぐにガードルなどで腹部やウエストをしめつけると…
→無理な圧迫により、内蔵の位置が下がってしまいます。

■出産後、すぐに骨盤ベルト等で正しくサポートすると…
→骨盤が本来の状態に近づき、内蔵の位置も上がります。

引用:ワコール 産後骨盤ベルトの商品説明より

この説明からすると、義理母にアメリカで買ってもらった腹回りも一緒に締め付けるタイプのものはNGみたいですね。。(長く使わなくて良かった…–;)あと、内蔵の位置にもちゃんと触れてありました。

この商品が良かった理由としては、座っていてもズレることがあまり無いので、よく考えて作られている商品だな〜と思いました。産後仕事にすぐ戻る必要がある人で、立ち仕事の方は重宝するのではないでしょうか。

着用するサイズは、妊娠前のサイズ↓を参考にすると良いそうです。

妊娠前からの体重変化が9kg以内の場合は妊娠前と同じのサイズを、それ以上であれば1サイズ大きいものを目安にして下さい。

こんな風に説明書きがあったので、私は妊娠中9キロ以上体重が増えたので、普段よりワンサイズ上のサイズLを買いました。(ちなみに身長は164cm、体重は出産してすぐは57〜56kg程だったと思います。普段はサイズMです。)

実際に着ける時、締め付ける部分は調整できるので、私はサイズLでちょうど良かったです。

まだ出産前の人は、出産前に買っておくと産後すぐ使えて安心です。

楽天でも買えます。私は楽天で買ってアメリカへ実家から送ってもらいました。
※海外発送を受け付けるお店も幾つかあるので、アメリカから買ってみたい方は以下のショップリストから探してみて下さい。

紹介した産後の骨盤ベルト(ワコール)の最安値を楽天で見てみる

これを着けている時は家の中を歩いていても、骨盤がグラグラせず安定して、程よい締め付け感があり、産後の緩んだ体には何だか安心感がありました。

日本で買ってアメリカに送ってもらったのですが、本当に買って良かったと思います。

産後すぐに外出したせいか、下半身が悲鳴をあげた(涙)

産後すぐに外出して悲鳴を上げたのは骨盤だけではなく、下半身も悲鳴を上げてしまいました。T_T

会陰マッサージのお陰で、出産で裂けるのはほんの少しで済んだのですが、とにかくあのデリケードゾーン全体がヒリヒリして小児科の待合室で座っているのも辛かったです。。

私の病院では、退院後すぐに下半身の痛みを少しでも緩和するため、「患部麻酔スプレー」を与えられました。

コレ↓が退院後、私の下半身の不快感を随分救ってくれました。

産後の痛み止めスプレー
これを病院で貰えなかった人は、心配せずとも CVS とか Walgreens の薬局でも買えます。

病院でもらった物を使い切ってからは、このボトルを直接見せて同じ物がないか CVS で店員に聞いて探してもらったのですが、「Anesthetic Spray」と言えば、手に入ると思います。(全く同じ物はありませんでしたが、同じ種類の物なら買えました。)

使い始めはスプレーの勢いが強いかもしれないので、そのときは患部から少し離してスプレーして下さい。暫くすると患部に麻酔が効いて来て、痛みも随分緩和されてくるハズです。

会陰が結構切れてしまって縫合を沢山した方、退院後もアソコがかなり痛い人は重宝するかもしれません。

幸い裂けなくて縫合をしてなくても、出産で10年分くらいのいきみを、ほんの数十分でやる訳ですから、アソコに信じられない位の力が入ってしまい、出産後はアソコがヒリヒリしますので、その緩和にも随分と役に立ちました。

※病院で別に貰っている薬がある際は、そちらを優先してから使って下さいね!

これがあったお陰で、本当は会陰の縫合で結構痛かったであろう産後3週間位までは、常に表面麻酔が掛かった状態だったので、比較的痛みが軽い状態で過ごせる日が多かったと思います。

外出から家に戻ると、悪露が結構出ていてビックリした

もう一つ、こんなすぐ外出したく無かった理由は、自宅に戻ると悪露が結構出ていて心配になったことです。

出産後は、「悪露」と呼ばれる出産によって出来た子宮内の残り物や、産道の傷跡から出て来る分泌物が暫く出続けるのですが、これが歩き回ったせいか自宅に戻ると生理二日目くらいの量ほど出ていてビックリしました。。

出産によってかなり血を失っているので「大丈夫か?」と自分でも心配になりましたが、、これ以降はどんどん量が減っていき、産後の一ヶ月検診でも子宮内をチェックしてもらったのですが、特に問題もなく無事に子宮も体も回復しているとのことでした。

まぁまとめて一言で言うなら、産後は3日で外出なんて絶対したくなかったです。

でも私の周りのママ達はほぼ、全員が産後すぐに小児科へ自ら出向いて行っています。出産での入院が長い日本が激しく羨ましく感じましたよ。。。T_T

産後はいつから外出するのがよいのか?

ネット上では色々と情報が出回っていますが、アメリカで私が出産した際に担当の医師に、産後の外出について直接聞いてみたところ、「妊娠する前のように普通に家事や仕事をするのは一ヶ月位は控えた方が良いが、軽く歩いたり体を動かしたりする程度なら別に問題ないし、むしろ産後の体の回復に良いので動いた方が良い。」と回答をもらいました。

そういえば出産して数時間後(もしくは翌日?)にも、軽く歩行することを勧められたのを覚えています。

これについて私は、「日本では一ヶ月経つまでは出来るだけ体を動かさず、赤ちゃんの世話以外はベッドで横になっているのが好ましいと言われているんだけど…」と言うと、「え?そうなの?」という感じで結構驚いていました。

更に、この情報について何故日本ではそう言われているのか、「根拠が知りたいのでもっと詳しく聞かせてくれ」と言われてしまいましたが、説明するのが面倒だったので用事があるといって逃げちゃいました。(笑)

国が変われば、ホント考えとか習慣も変わりますね。。

よく考えると、産後のアメリカのママ達がこんなに元気なのは、やっぱり無痛分娩で無駄な体力を使わないで出産しているのも関係があるのかもしれません。。

まぁいずれにしても、産後の外出は自分の体調次第なので、担当の医師や自分の体と相談しながら外出する、しないを決めればいいと思います。

以下は産後の体の回復スケジュールです。参考までにどうぞ。

参考産後の体の回復スケジュール

でもアメリカで出産した場合は、退院後すぐに小児科に赤ちゃんを連れて行かさせると思いますが。。T_T 産後骨盤ベルトは出産前に準備しておいてくださいね。(個人差はあると思いますが、骨盤ガクガクにならないために…)

 

如何でしたか?
今日は産後の外出について、私の体験談を書いてみました。今後出産予定の方の参考になれば幸いです。

日本在住の方も、アメリカ在住の方も、産後は骨盤調整のために「産後骨盤ベルト」を買っておく事をお忘れなく!(←本当に後悔したので結構しつこいw)

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また次回も宜しくお願いします★

紹介した産後骨盤ベルト(ワコール)の最安値を楽天で探してみる!

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

この記事がよかったら
「いいね!」をお願いします★

TechガールのUsLifeより、
ブログの最新情報をお届けします。
★From USA★ ^^/

Twitterでテックガールをフォローしよう!

アメリカ生活必需品&オススメアイテム

Comment

  1. tomomi より:

    わかります。
    私、出産後10日目で飛行機乗って実家に帰ったんですね。
    その後は、慣れない布団の暮らし。
    寝てて、息子が乳欲しさに泣くんですがね、骨盤が言うこと聞いてくれなくて中々起き上がれませんでした。未だに、骨盤へんちくりんですw
    だから、41歳で初産の友達に出産祝いで骨盤ベルトあげました!
    うちも、体重減少が激しかったですね〜、今もガリガリw羨ましいわ〜。
    新生児の体重減少は、生理的体重減少っていって普通のことですから大丈夫!!
    いまは、コロコロしてるかな?

    • @Techガール より:

      tomomi様>

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      やっぱり骨盤って出産後はすごく不安定ですよね!^^; あぁ〜ここにも仲間が(笑)気持ちを分かって頂けて嬉しいです。

      思い出しましたが、私も出産してから特に2週間位の間は寝るのに苦労しました。お腹の赤ちゃんはもう出したのでどんな体勢でも寝れると思っていたのですが、無理でした。T_T

      横向けで寝ても何か変な感じだし、仰向けで寝てもなんか寝付けなくて…ようやくうつ伏せで寝る事によって少しずつ体が回復していった気がします。数ヶ月の間はずっとお腹が大きかったので、いきなりなくなってからの数週間はうまい具合に良いポジションを探すのに苦労しました。

      tomomiさんの様に確かに起き上がるのも一苦労だったことも思い出しました。(笑)

      私の知り合いの赤ちゃんも体重減少してて、退院後にすぐ小児科でチェックだったらしいのですが、私の息子もその知り合いの子も今ではぷっくりして赤ちゃんらしい体型になってきましたよ!コロコロしています!あ〜よかったよかった。^^

      私も妹か知り合いが出産する時は、骨盤ベルトを是非プレゼントしたいと思います。
      コメントありがとうございました!

      Techガールより

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  こちらの関連記事もどうぞ!

実際に効果のあった会陰マッサージの方法
会陰マッサージは効果絶大!助産師から聞いた、裂けるのを最大限に減らすマッサージ方法をご紹介します!

こんにちは。@Techガールです。 妊娠後期の方で出産が間近に迫っている方なら、「会陰切開」という言葉は一度は耳にしたことがあると思います。 でも何だか「切開」っていう響きが怖 …

無痛分娩で息子を出産
無痛分娩の体験記!いきむ直前で激痛?自然分娩の痛みも同時に経験した、ちょっと珍しい出産体験談。

こんにちは。@Techガールです。 8月半ば、アメリカで初めて無痛分娩で息子を出産しました。 今日は無痛分娩に興味のある方に向けて、自分の体験談をブログに詳しく書いてみたいと思 …

今日のアクセスランキング

ブログの中の人「テックガール」の紹介

2008年から2年間アメリカに留学。留学前に日本で出会った「日本大好き&ちょいヲタのアメリカ人」の夫と結婚しアメリカで生息中。ブログは「アメリカ生活の予備知識」として、アメリカ生活に役立つ情報を中心にブログを書いてます。その他、どーでもいい関係ない事や、現地で覚えた英語なんかも時々更新しています。

ブログ運営実績
月間21万PVを記録中(2016年9月)
外部メディアへのブログ寄稿も近々スタートします!

注意事項
このブログで使用している、私自身が撮影した写真・文言の無断転載、文章をリライトして他サイトでの使用はお断りします。特に、キュレーションサイトの「まとめ記事」への転載は固くお断りします。
※普通にこのブログや記事を紹介して頂ける場合は大歓迎です。

プロフィールはこちら